若ハゲ対策
若ハゲ対策開始

若ハゲ 男性型脱毛症(AGA)について

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンが大きく関与しており複雑なサイクルでハゲに移行していく。若ハゲを治すために育毛、発毛等の対策がなされているが、内容を充分理解した上で行う必要がある。

テストステロン

男性ホルモンの事をテストステロンと言う。男性ホルモンが増加すると若ハゲの危険性が大きくなる。少なければいいとゆうものでもない。

男性ホルモンは、筋肉の増大、体毛増加等の男性に取って必要なホルモンです。適正な状態を維持するためには、毎日の生活が大切です。充分な睡眠が取れていない。暴飲暴食を繰返す。タバコを吸う。酒を飲む。等々を繰返す事で男性ホルモンは増加します。

5αリダクターゼ

5αリダクターゼは、還元酵素のひとつで1型と2型があります。1型は側頭部と後頭部に、2型は前頭部から頭頂部の髪に影響を与えます。

この5αリダクターゼとテストステロンが結びつき、強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)を作ります。これが若ハゲの原因となります。しかし、5αリダクターゼは体の中で男性ホルモンを補助する役目を持っています。ただ、髪の毛にとっては残念ながら逆方向に作用します。

ジヒドロテストステロン(DHT)

ジヒドロテストステロン(DHT)は、テストステロンが変化してできたもので髪のためには、DHTの発生を抑えなければなりません。テストステロンと5αリダクターゼの結合を少なくすれば、DHTを抑制できます。

飲み薬等がありますが、若ハゲの年代者には進められません。生活改善で、5αリダクターゼを抑制できますから実践しましょう。

まとめ

記載したとおりのハゲ生成サイクルになっていますが、若ハゲが取る方法は、普通の生活をいかに継続できるかと思います。苦しい中で、まどろっこしい方法ですが納得いかない場合は、専門のクリニックへ相談する事も解決策の一つです。即効薬はないのでしっかり若ハゲと向合い取組んで行きましょう。