若ハゲ対策
彼女

若ハゲが自分を分析、女性獲得作戦を考える!はたしてどうなる!

若ハゲに彼女が出来るかどうか考えた時、非常に厳しい現実が待っている。”同情するなら、髪をくれ!”と日々、若ハゲを恨む。しかし、いくら恨んでも現実は何も変わらない。自分の気持ちを整理し、充実した若ハゲ生活を送りたい。

若ハゲが自分を分析

女性の目

ハゲ、チビ、デブは、女性に嫌われる3拍子である。デブは、努力をすれば解決する可能性は充分あるが、チビは解決策が見つけにくい。ハゲより始末が悪い。

ハゲは、嫌われる原因として

不潔。未練がましい。いくじがない!

事がアンケート結果で報告されている。

不潔は、”ハゲていると、不潔見える”という事になるそうだ。若ハゲだって、努力して少しでも改善しようと頑張っているのに!ようするに、若ハゲを治す努力は女性にとっては関係ない。ハゲの事実がアウトである。

未練がましいとは、自分の残り少ない髪で苦心してハゲを隠す行為が、マイナスイメージを与えているようだ。では、隠さなければいい事になるがハゲの気持ちが解っていない。そんな簡単に、坊主、スキンヘッドに出来るならこんなに悩みはしない。自分の恥ずかしい部分をさらけ出すのは、ハゲに限らず勇気がいる。

いくじがないとは、ハゲが気になって発言、行動が後ろ向きになる事が嫌われる要因になっているようだ。未練がましいのと関係があり、ハゲをオープンに出来れば自然と行動は積極的になる。

同性の目

同性のハゲに対するアンケートは見ないが、女性とは大きな違いがあると思う。自分にとっては、何を考えていてくれても影響はない。ハゲいじめはいやだが、好きになってくれなくてもいいし、一緒に食事をしなくてもいい。女性への気持ちが違うのは、自分に欲があるからです。彼女が欲しくなければ、ハゲに対する考えも変わるでしょう。

彼女獲得作戦

作戦は二つ

1、徹底して、ハゲ治療を行い髪を復活させる。

クリニックで診断し原因をはっきりした後は、症状に応じた治療方法を取っていく。ハゲは、男性型脱毛症(AGA)が多くプロペシア、ミノキシジル等の治療薬を使います。医師と良く相談し納得して処方してもらってください。効果が数か月かかるので、あきらめないようにする事が大切です。治療薬は、個人輸入の方法もありますが、リスクが大きいです。

2、髪の復活を諦め、心をひらく

字のごとく、開き直りです。全てをさらけ出しましょう。非常に恥ずかしく、辛い行動を取らなければなりません。でも、お金もかからずいつからでも開始できます。

まとめ

彼女を獲得する為には、作戦2つのうち何れかを開始してください。誰も助けてくれません。自分で考え進めて行きましょう。しかし、ハゲの嫌われる原因を無くす為、毎日のシャンプー、鼻毛の手入れ、食後の歯磨き、つめの手入れ、ファッションへの関心、身の回りの整理整頓等を行い清潔への印象度を高めて行きましょう。