若ハゲ対策

若ハゲの秋は厳しい!対策は、何をすればいいの?

厳しい夏を乗り越えて、髪の疲れが残っている時の秋の訪れは、若ハゲに取って注意すべきポイントです。

若ハゲの秋は、”このまま、治らないのでは…!”と寒さが悩みを倍増させます。

秋には、抜け毛が一番多くなると言われています。寒くなると、なぜ抜け毛が増えるのかを確認します。

若ハゲの秋は、なぜ抜け毛が多い?

抜け毛が多いのは気になりますが、前提として人の髪は、1日に50~100本抜ける事を知っておかなければなりません。

季節の変わり目の抜け毛

日々の抜け毛に加えて、季節の変わり目の秋口には倍以上の抜け毛が起きる事も珍しくありません。

寒くなる時の動物の換毛期と同じように、人間も3月と11月には抜け毛が多いと言われています。

夏場のダメージを引きずる事が無いように、髪のメンテナンスを行う必要があります。

夏場の”つけ”による抜け毛

厳しい夏による髪のダメージは非常に大きい!

夏は、強い紫外線や汗、暴飲暴食等により皮脂や髪に対して悪影響を受けやすいです。又、海水浴等による塩分の影響も少なからず受けており、油断は禁物です。

若ハゲに秋は、どんな影響がある?

秋になると過ごしやすくなりますが、髪にとっては良い事ばかりでは無くなります。

秋に抜け毛が多くなる事を理解し、若ハゲ対策を行って行く必要があります。

寒くなると血管が縮小する

秋になると、気温低下により気持ち良くなると同時に、少しずつ冬に向かって行きます。

若ハゲが影響を受けるのは、肌寒くなる冬の入り口です。寒さで、血管が縮小します。

血管の縮小で、頭皮の毛細血管に栄養分が供給しずらくなります。髪への栄養が不足する事で、抜け毛、薄毛の原因になります。

髪や頭皮の乾燥に注意!

夏から秋にかけて湿度が下がり、乾燥しやすくなります。

髪の手入れを怠っていると、髪や頭皮が乾燥した状態になり、皮脂の異常分泌で頭皮環境悪化を招き抜け毛、フケの元になります。

又、夏場は、大気温度が高く外出頻度が少なかったのですが、秋になると活動しやすいので外出も多くなります。夏に気にしていた紫外線を、気にならない季節になったと勘違いしないようにしてください。外出時間が多く成る事で、夏場と紫外線を浴びる量は変わらなかったりします。

若ハゲの秋に取る対策は?

厳しい夏にダメージを受けた髪、季節の変化に向かって行く髪の若ハゲ対策を紹介します。油断せずに、育毛を行ってください。

頭皮環境を整えるシャンプーを使いましょう。

秋になるといろんな環境の変化で、頭皮環境が悪化します。適正なシャンプーを使用する事で髪や頭皮を良好な状態に持って行きます。

市販の過度な洗浄効果を持つシャンプーで、皮脂を取り過ぎるのは注意してください。皮脂は、紫外線や外的刺激から頭皮を守る役割を持っている大切なものです。

適度に皮脂を残して洗浄するシャンプーを使用してください。

そのシャンプーは、育毛シャンプーの ”チャップアップシャンプー” がおススメです。

【チャップアップシャンプー】

また、育毛シャンプーの効果は

  1.   頭皮の乾燥を防止する。
  2.   髪を元気にする。
  3.   頭皮の乾燥を防ぐ。
  4.   頭皮の嫌な臭い、フケを防ぐ。

が期待できます。

帽子を被る

頭皮の外気温の低下や紫外線をカットする意味でも帽子は最適です。

外気温が下がる事で、頭皮温度が低下し血行が悪くなる要因を排除出来ます。オシャレ的にもおススメです。

紫外線を受ける事が無くなり、頭皮環境の悪化を防げます。

ユックリ!ユックリ! お風呂に入る。

寒い日のお風呂は最高です。ユックリお風呂に入る事で、頭皮の血行不良改善だけでなく、ストレス解消の手段にも使えます。

ユックリが大切で、低温の長風呂を心掛けてください。

最後に

秋から冬にかけ、抜け毛が多くなる事は珍しくありません。しかし、”秋は、抜けるんだー”で放置しないで下さい。対策を講じながら、若ハゲ対策を進めて行く必要があります。夏のダメージを修復して、若ハゲの進行が進まないようにしてください。さらに、抜け毛、薄毛が進むようであれば専用クリニック受診も検討する必要があります。

薄毛・抜け毛・男性型脱毛症は【AGAスキンクリニック】へ