若ハゲ対策
坊主

若ハゲの髪型は何を選ぶ。丸坊主が一番!スキンヘッドはやめておけ!

若ハゲの髪型は悩みます。少しでも、きれいな髪型が可能であればいろんな髪型を楽しめばいいと思います。しかし、若ハゲが進行しているようであれば”丸坊主”をお勧めします。若い世代に、提案する内容として辛い所でしょうが、将来の事を考えると絶対”丸坊主”です。私が、お勧めする理由を書きますので参考にしてください。

若ハゲは、少しずつ進んできます。自分で一生懸命考え対策を立てていくのですが、成果がなかなか出てきません。焦りながら日々を過ごす事になり、青春時代が台無しです。若ハゲ対策の効果が出れば良し、出なくても普段の生活に不満を少なくするように考えます。

若ハゲ対策の薄毛髪型 丸坊主

若ハゲの基本髪型は、”丸坊主”と考えています。髪が少なくなってきての丸坊主、スキンヘッドは苦しいです。若ハゲ初期に、髪型を決定しておきます。

 

丸坊主の進め方

 髪型ショートから丸坊主へのタイミング

若ハゲが、丸坊主にするタイミングは髪が残っている(誰からも、ハゲチェックを受けていない)時は、少し早い。若い時代の今を楽しんでください。しかし、若ハゲが進んだ時の丸坊主は恥ずかしいです。髪に不安がでた時に、ソフトモヒカン、ツーブロックに進み丸坊主へ移行する事を考えておいてください。

 スポーツクラブは厳しい所を選べ

若ハゲ対策に、”クラブが関係するのか?”と考えるでしょうが、今の日本はまだまだ厳しい野球クラブは、丸坊主が多いです。野球が好きなら、無理なく丸坊主になれると思います。学校卒業後は、そのまま社会人まで丸坊主を続けます。

こうする事で、自分の人生において若ハゲによる精神的苦痛を軽くすることが出来ます。当然、若ハゲが進んでくると解りますがショックは少ないでしょう。

 若ハゲ対策は手を抜くな

丸坊主が決定しても、若ハゲ対策に手を抜いては行けません。規則正しい生活、食生活の見直し等は継続して行ってください。若い時代に、若ハゲの進行を止めておき社会人になり本格的育毛対策で、効果が表れる可能性は十分あります。今、出来る事をしっかりとやりましょう。

 髪が比較的多い人

無理をしないでください。丸坊主は、少なからず精神的負担になります。自分で良い時期を判断頂いて進めて行くといいでしょう。

丸坊主の特徴

 丸坊主のいい所

  スポーツする時、髪が邪魔にならない

スポーツには汗がつきもの、顔をサッと洗いサッと拭く。気分がいい。髪が邪魔をすると汗が取りにくい。丸坊主のスポーツ後は、爽やかです。

  夏場に汗臭くならない

真夏は、汗を掻くことが多いがスポーツに限らず、手入れが簡単で頭皮が臭くならない。

  毎日のシャンプーが楽になる

髪が短い分、シャンプーが楽になります。

石鹸で頭を洗う事が可能になるが、ここは油断せずスカルプシャンプーを使用し頭皮をシッカリマッサージする。丸ハゲが決定したわけではありません。将来、自毛の回復を信じて基本的若ハゲ対策は行いましょう。
【チャップアップシャンプー】

  清潔感を与える

丸坊主頭を見た時、清潔感を与えます。短い髪とはいえ毎日、シャンプーをしてきれいにして置きましょう。嫌な臭いを出しては、丸坊主にしている意味がなくなります。

  経済的

当たり前ですが、髪の量が少なくなっています。シャンプー、リンス、トリートメント等の絶対量が減少します。購入価格が少なくなるのは、あたりまえです。

 丸坊主の悪い所

  見た目が怖い

人相にもよりますが、坊主は見た瞬間怖さを感じる人がいます。でも、電車で合う人に怖がられるのは問題ありません。同僚、同級生に思われるのは、一時的には嫌ですがすぐ慣れます。毎日、顔を合わせていると違和感はなくなります。

  彼女が出来にくい

一番辛い事です。丸坊主を嫌われるのは仕方ないですが、若ハゲを隠してテンションと共に気持ちも暗くなる姿を嫌われるのは避けましょう。丸坊主は清潔です。いつか、素敵な彼女が出来ます。

  直射日光に弱い

夏場の強い紫外線には、注意が必要です。日差しが強い時には、帽子を被り頭皮を守るようにしてください。炎症を起こすと、抜け毛、細毛の原因になります。

  衝突物に弱い

丸坊主は、頭皮が露出しています。落下物等の衝突は避けなければなりません。いつも以上の注意が必要です。

丸坊主の就職

丸坊主は、就職活動に不利が発生する可能性があります。ハゲが、営業活動に影響する会社等からは敬遠されますが、ハゲを隠して就活しないようにお願いします。

若ハゲを隠して採用されても、入社後にあなたが苦しむ事になります。ハゲを一生隠しとうさなければなりません。丸坊主の自分で就活してください。

若ハゲから、丸坊主への髪型変更方法

いきなり丸坊主もいいですが、髪が少しある状態からの丸坊主は、少しづつ段階的に短くして行ってはどうでしょうか。周りへの変化意識を軽減できると思います。

まとめ

スキンヘッドは、オススメ出来ません。外人さんは、似合う人が多いですが日本人は見慣れないせいか良い印象がありません。丸坊主で、サイドを刈上げ、頂部を少し長くし薄毛をカバーします。隠そうとすると、不自然さを感じるので若ハゲを認めた丸坊主で行きましょう。最後に、丸坊主で安心せず、若ハゲ対策は並行して進めて行ってください。

あわせて読みたい
若ハゲは、ハゲ対策をしっかり考えよう。シャンプーに油断すると危ない!若ハゲ対策に、頭皮を痛めないシャンプーは必需品である。 若者のハゲ人数が増えてきた事で、対策に悩む人は多い。 若ハゲ対策の効果を...