若ハゲ対策
フケ

若ハゲがフケで進行する!確実なフケ対策で若ハゲを止めよう!

フケ(肌の破片)は、新陳代謝(ターンオーバー)によって頭皮の角質細胞が剥がれて落ちる事で発生します。若ハゲとの関係はどうなっているのか?同じ頭皮に問題が発生する事象であり少なからず関係はありそうだ。通勤電車で肩に多くのフケが落ちている姿は、気持ちいいものではありません。ハゲに関係なくても身だしなみとして、フケ対策は行って行きましょう。

 フケの種類      

脂性フケ

外的要因で、皮脂が多量に分泌すると角質層が剥がれフケとなります。又、皮脂は常在菌(マラセチア菌)によって、脂肪酸に分解される過程で刺激され皮膚炎を起こすことがあります。

乾性フケ

頭皮の脂が少なく乾燥している状態で、細胞がダメージを受け剥がれフケを発生します。

 フケが発生する原因     

頭皮には、皮脂が存在し保湿、保護を行っている。自然な新陳代謝が行われている場合、古くなった細胞は、目に見えない大きさで剥がれ落ちています。

頭皮の皮脂は、常在菌(マラセチア菌)が分解し酸化脂肪酸となり菌の更なる分解で頭皮に幕を作っています。バランスが取れた状態では問題ありませんが、生活習慣の乱れ等により皮脂が異常分泌されるとフケの発生原因になります。

皮脂の異常分泌の原因 

  1.  シャンプー回数不足やすすぎ不足、強い洗浄力シャンプー
  2.  睡眠不足
  3.  偏った食事
  4.  ストレスの多い生活
  5.  ビタミン不足
  6.  紫外線によるダメージ

頭皮表面の汚れ、栄養分の不足が大きな要因にあります。身体の内外面からの見直しが必要です。

 フケの対策      

フケの予防は、頭皮をきれいにする事です。過剰に分泌した皮脂を頭皮から取り除く事が重要になります。又、逆に皮脂を取り過ぎるのもフケの原因なり注意が必要です。

対 策

  1.  シャンプーは、なるべく頭皮に刺激のないアミノ酸系シャンプーを使用して下さい。
  2.  洗髪後のすすぎを3分行ってください。(3分は、長いですよ!)
  3.  脂っぽい食事の禁止!タンパク質、ビタミン、ミネラルをしっかり摂ってください。
  4.  ストレスは、血管を収縮させ血行不良を招きます。ストレス解消の為に、適度な運動等心がけましょう。
  5.  睡眠の質を上げる為、成長ホルモンが活発な22時~2時はしっかり眠ってください。
  6.  紫外線のダメージを和らげる為に、帽子をうまく活用しよう。

 若ハゲとフケの関係     

若ハゲ対策において、頭皮環境は非常に重要です。フケが出る頭皮の状態では、育毛剤を使っても効果は無く、若ハゲ対策に良い結果を生みません。また、AGA(男性型脱毛症)を考慮した場合、効果はスグに期待出来ません。フケ対策、若ハゲ対策を並行して進めて行きましょう。

   まとめ        

若ハゲ対策と同じように、フケ対策も気が付いた時からスタートする事が大切です。健康な頭皮は、健康な生活習慣・食生活にあります。又、シャンプーについても注意して行ってください。毎日の事だけに大変ですが、習慣化すれば苦労も無くなるでしょう。

大きな目標は、若ハゲを克服する事です。少しでも悪い要素は排除するようにしたいものです。

あわせて読みたい
若ハゲ対策 育毛シャンプーは無駄なのか?効果を確認してみよう!育毛シャンプーは、高価でなかなか手が出しにくいが若ハゲ対策に重要なものである。”育毛シャンプーは、効果があるのか?””無駄なお金と時間を...