若ハゲ対策
肥満

若ハゲを治す最適なダイエット方法教えます。続ける事が大切です。

若ハゲに、急激なダイエットが悪い事は誰も知っています。しかし、なぜ多くの人がダイエットをするのでしょうか?当然、健康の為、スタイルが良くなりたい為に行う事がほとんどでしょう。当然、必要以上の脂肪が付いた状態は、見た目だけだ無く多くの内臓疾患の元になります。

若ハゲの最適なダイエット方法の必要性

若ハゲは、血液中の脂肪分は少なくしなくてはなりません。肥満は、高血圧や高血糖等に繋がるばかりでなく、ハゲの原因を作ってしまっています。ダイエットが必要な理由を以下に説明します。

高血圧で、髪への栄養不足が起こる

肥満により血液中の脂肪が増える事で、高血圧等に繋がっていきます。血圧が上がると頭皮の毛細血管に栄養が運ばれにくくなり、抜け毛や薄毛の原因になります。高血圧の原因は、肥満が全てでは無く塩分の摂り過ぎ、運動不足、ストレス等によっても起こるので注意が必要です。

髪の成長に大切な、IGF-1が生成されにくい

IGF-1とは、肝臓が成長ホルモンの刺激を受ける事によって分泌されるホルモンです。IGF-1には、体の健康を維持する様々な働きがあり、髪の毛の成長にも大きく関わっています。

運動すると成長ホルモンが増える事で体のIGF-1も増えます。しかし、肥満の人が運動しても成長ホルモンが増えにくい事が解っており、効果を出すためには肥満解消が必要です。

髪の毛だけでなく体がダメになる

体脂肪の多い肥満の状態では、スタイルは悪いばかりでなく血管壁を硬くさせたり、狭くして動脈硬化をおこし、脳卒中や心筋梗塞等の命に係わる合併症のリスクを高くします。若ハゲ対策をしている意味が無くなります。

若ハゲの最適なダイエット方法

ダイエットしたい人は、”この食べ物が、ダイエットに最適!”と言われれば、すぐ飛びつきます。人は、痩せ言葉に弱いのです。それだけ普段からの強い希望であり、ある意味大きなコンプレックスになっているのだと思います。

無理なダイエットは逆効果

【 栄養不足 】
髪は、必要な栄養分のタンパク質、ビタミン、ミネラルの適正な摂取が必要です。無理なダイエットは、栄養バランスが崩れたり、摂取量不足で抜け毛、薄毛の原因になります。

【 筋肉の減少 】
食事制限等で痩せる事は出来ますが、筋肉も同時に減ってしまいリバウンドしやすい体質を作ってしまいます。

【 ホルモンバランスが崩れる 】
ホルモンバランスが崩れる事で。男性ホルモンの分泌量が増えてしまい男性型脱毛症(AGA)を発症するリスクを高めてしまいます。

若ハゲのダイエット目標

無理なダイエットは、若ハゲでなく体にも悪影響を与えます。適正な方法は、皆さんが知っている内容ばかりです。少しでも、簡単で楽なダイエットを望んでいるでしょうが、そのような方法はありません。目標体重を知り、偏食せずにバランスの取れた食事をする事です。具体的に確認していきます。

自分の適正体重を知る

ダイエットをするにも目標体重が必要です。自分の適正体重を知る事で、励みにもなり危険な減量を防ぐことが出来ます。

BMI指標にて自分の適正体重を確認

BMI=体重(kg)÷ 身長²(m)

例)体重65(kg)、身長1.75(m)の場合  BMI=21.22

統計的に最も病気にかかりにくいBMI指数22を標準体重としています。

日本肥満学会の判定基準(成人)

指 標   判 定
18.5未満   痩せ型
18.5~25未満   普通体重
25~30未満   肥満(1度)
30~35未満   肥満(2度)
35~40未満   肥満(3度)
40以上   肥満(4度)

 

適正な摂取カロリーを知る

男性が、1日に摂取するエネルギー2200±200kcal程度が目安であり、食事の主食、主菜、副菜、牛乳・乳製品、果物バランスよく摂る必要があります。

❶ 主食とは…ごはん、パン、麺類(そば、うどん、パスタ、中華麺)

  • 主食の必要量…1食に1品(例:コンビニのおにぎり2個)
  • 栄養素   …炭水化物
  • 役目    …体のエネルギー源

❷ 主菜とは…肉や魚・大豆製品・卵

  • 主菜の必要量…1食に1~2品
  • 栄養素   …タンパク質
  • 役目    …筋肉や血液の材料

❸ 副菜とは…野菜・海藻・キノコ類・こんにゃく

  • 副菜の必要量…1食に2品以上
  • 栄養素   …ビタミン、ミネラル、食物繊維
  • 役目    …体の調子を整える、ガン、生活習慣病の改善

❹ 牛乳・乳製品

  • 必要量 …一日に牛乳コップ一杯 又は ヨーグルトは、小さめのカップ一個
  • 栄養素 …カルシウム
  • 役目  …強い骨を作る、骨粗鬆症の予防、高血圧の予防

❺ 果物

  • 必要量 …1日の適量は、200g
  • 栄養素 …ビタミンや食物繊維
  • 役目  …肥満の防止、高血圧の予防、便秘、脳卒中、ガンの予防

適正体重目指して、摂取カロリーを守る日々を実践する

ダイエットが若ハゲに悪影響を与えるケースは多くあります。体重は、食べなければ簡単に落ちます。ただ、”体重を落とす!”だけのものです。髪の毛には最悪で、栄養が届かず若ハゲに拍車をかけます。

”痩せたい!”と思う気持ちが危ないのです。何年も掛かって出来た肥満体質を数ヵ月で解決するのは、無理というより”危ない!”行為になります。急激なダイエットによる栄養不足は、自分が考えているより体に悪影響を与えます。体力の低下や風邪をひきやすくなったり、顔色が悪い、イライラする等の症状が出てきます。

ダイエットをするなら、健康的に痩せる事を目標として ”目標体重” ”必要摂取カロリー”等を意識しながら継続する必要があります。決して食事を抜くなどせず、栄養管理をきちんとするようにしましょう。焦らず、きちんとダイエットすれば若ハゲ対策より、はるかに目に見える効果があります。

最後に

ダイエットは、若ハゲに影響を与えます。自分の健康を考えたり、外見を良くみせたい為に行うのがほとんどと思いますが、極端なダイエットをすると危険で見た目も健康的ではありません。当然、若ハゲにも大きなダメージが発生します。身体のためにダイエットを行う行為は、悪い事では無いですが栄養バランスを考え、適切な量を摂取し継続する事が大切です。

(補足)

若ハゲの無理なダイエットによるリカバリー策として、食べたいものが、亜鉛(牡蠣、昆布等)です。栄養分の亜鉛が不足すると抜け毛の増加、髪の毛が細くなりコシがが無くなる等の症状が出てきます。又、亜鉛には髪の毛の主成分であるケラチンの合成、AGAの原因となる5αリダクターゼを抑制する働きがあり重要な栄養素です。