若ハゲ対策
ヘアカラー

若ハゲのヘアカラーは大丈夫か?

若い人にとってヘアカラーは、誰でもどこでも出来る時代になった。いろんなイベントで、季節でいろんなカラーを見る。電車の中での真っ赤な髪には驚かさせる。オシャレのヘアカラーをしたいのに、若ハゲには髪への影響が気になる。ヘアカラーは、ハゲに取って大丈夫か?ハゲがひどくならないか?

濃密スカルプシャンプー【CHAPUPシャンプー】

Ⅰ ヘアカラーの仕組み

髪は、ほとんどタンパク質から出来ており中心をメデュラ(毛髄質)、その外側をコルテックス(毛皮質)、表面をキューティクル(毛小皮)といいます。

この作りで出来ているのですが、ヘアカラーはキューティクルを壊し内側に色をつけます。当然ながら、髪の組織を壊すわけですからダメージが無いとはいえません。

Ⅱ ヘアカラーの成分と特徴

髪を染めるものは、酸化染毛剤と言って1剤パラフェニレンジアミン(ジアミン系) と2剤過酸化水素水からなり2つを混ぜて使います。危険な成分がありますから、良く理解して使う必要があります。

薬剤が頭皮に付着すると炎症を起こす事もあります。使用前には、必ずパッチテスト(使用前の肌への確認)をしてください。

Ⅲ ヘアカラーの若ハゲへ影響

若ハゲの発生要因とヘアカラーとの関係はありません。ヘアカラーは、髪を痛める事があると思いますがしっかりメンテナンスを行えば影響は緩和されます。

Ⅳ 若ハゲのヘアカラーはOKか?

若ハゲが、ヘアカラーを行うのはいいけれど頻度を考える必要があります。強い薬を使うのですから、髪のダメージを考え間隔を開けましょう。イベント開催の時だけなど、メリハリを付けるようにしてください。
ヘアカラーを行う所は、美容室で行ってください。自分が安く購入して行うよりも、頭皮の炎症などを考えると安心できる専門家に任してください。又、ヘアカラー後の髪は痛んでいます。トリートメント、シャンプー等しっかり手入れする事も忘れないようにしましょう。若ハゲが、ヘアカラーで気分転換する事は大賛成!