若ハゲ対策
頭髪

若ハゲ 髪型を考える

若ハゲの髪型は?

若ハゲの髪型は、自分が気にしているハゲを隠すスタイルにしたいが、そうすると周りから見ておかしな髪型になる。髪型によっては、チョットしたアクシデントによって若ハゲが目立つになる。

ハゲ部分を出す髪型は、受け入れたくないが実はそれが逆に一番の魅力ある髪型になる。

若ハゲに似合う髪型

似合う髪型選びは自分の考えと違った場合、納得感がなく不安感もある。しかし、他人から見た時を考えると勇気を出して変えていく必要がある。
若ハゲは、短髪にすると清潔感を印象付ける事が出来るが、長髪にする事による無理な髪型は不快感を与える。

若ハゲの髪型は、頭頂部をカバーする場合はサイドを思い切って短くし頂部を若干長くすれば見栄えがいい。後頭部のハゲにおいてもこの髪形でカバーできる。頭頂部の髪をあまり長くすると髪が立たない為、フサフサ感が演出できない。適度な長さにカットする事で髪の立体化を図る。

  1.  ショートカット
    髪の短い所と長い所をのハッキリさせる事でハゲの印象を和らげる。M字ハゲに対して、前髪を切り上げてサイドの長さに近づける事でイメージを変える。
  2.  スポーツ刈り
    全体を短くしトップへ意識が行かないようにする。
  3.  オールバック
    前髪を伸ばし髪をバックへもっていきジェルで固めるとトップのハゲはカバーできる。髪にある程度余裕がない人でなければ苦しい。前髪の生え際に負担をかける事になるので出来れば短時間にしたい。
  4.  坊主
    思い切って全部切ってしまう。オシャレ度を上げるためには、頂部を側部より若干長くしたり、髪を染める方法もありです。

若ハゲの髪型維持方法

ただせさえ髪が弱いのだから、コマメな手入れが必要になります。頭頂部を少し長くする髪型にしているので、髪が伸びてきた場合に倒れペッタンコになります。

1回/月以上は、散髪屋さんでカットしてもらいましょう。頭頂部の髪を立たせるためにワックスを使うとセットしやすいですが、つけ過ぎには注意してください。頭皮を痛める原因になります。

若ハゲの就職髪型

若ハゲの就職活動は、素直に自分の姿を見せて行う事。職業によっては、ハゲが不利益になる会社や理由を示さず受付けない会社等あるかもしれません。

カツラ等をしないで面接を受けるようにする事です。受かりたい一心で自分を隠してしまうと合格後に苦しむのは自分です。若ハゲを受入れてくれる会社を選びましょう。

まとめ

若ハゲにとって、ハゲを隠してセットする事は難しいです。決して前髪を伸ばし前にたらす事はやめてください。雨や汗で髪が濡れた時が悲惨です。また、サイド髪のボリュームを上げる事はO字ハゲを目立つ形になりますので注意してください。若ハゲは、長い期間対策を取りながら進めて行きますがその間の髪型は、清潔でさわやか感が漂うものとしましょう。