若ハゲ対策
若ハゲ対策開始

若ハゲが、帽子を被るとハゲが進行するのか。良い所、悪い所を確認し楽しいファションを楽しむ!

昔から、帽子を被る人は禿げると言われている。特にヘルメットを使う野球選手に、禿げている人が多い印象がある。よく見かけるテレビ観戦で、野球選手がヘルメットを取った瞬間、頭が薄いと”ヤッパリ”となる。このインパクトの強さが見る人の脳裏に残る。

冷静に考えると野球選手が皆禿げているわけではない。ヘルメットを被る職業の人が、みな禿げるのであれば、警察官、野球選手は皆ハゲになる。

帽子のいい所、悪い所をよく理解し、ファッションを楽しみたい。

帽子のメリット

1、頭皮は体の中で一番高い位置にあり、直射日光を厳しい状況で浴びる。強い日差しの紫外線を排除するには、帽子が有効であり頭皮の火傷、乾燥を防ぐ事が出来る。

長時間、帽子を被ると頭皮環境の悪化を招く恐れがあり、毎日のシャンプーでメンテナンスを忘れないようにする。

2、帽子は、ファッションの一つとして楽しむ事が出来る。一方、若ハゲを隠すアイテムとして利用できコーディネイトをしっかりし、イメージチェンジして彼女にアタックしたいものである。

帽子のデメリット

1、長時間帽子を被ると、帽子内の温度が上昇し汗や雑菌の発生原因になります。また。炎   症や毛穴の詰まり等を起こし育毛環境を悪くします。

2、きつめの帽子は、頭皮の血流を阻害する恐れがあります。

3、工場で被るヘルメットは、仕事柄、脱ぐ時間が少なかったり通期性が非常に悪くなります。頭皮環境は、汗や皮脂で汚れる可能性が上昇します。

若ハゲ育毛対策での帽子使用方法

若ハゲに取って帽子は、総合的に見ると適正な使用方法をすれば問題ありません。
⓵ 帽子は、通気性の良いものを使用する。
⓶ きつめの帽子は被らない。
⓷ 適度な間隔で帽子を取り、空気を入れ替える。
⓸ 一日の終わりには、しっかりとシャンプーをする。

あわせて読みたい
若ハゲが、悩みを打開する睡眠について考える。髪は、夜成長する事が解っており、毎日の睡眠は非常に重要である。快適な睡眠生活を送る事で育毛対策の土台作りが出来る。 睡眠の重要性を...