若ハゲ対策
若ハゲ対策開始

若ハゲは治るのか?それとも? 思った時が対策開始です。

あわせて読みたい
若ハゲを早期治療が大切です。シャンプーを見直してみよう。シャンプーの必要性 元気な髪を作っていくには、頭皮が元気でなくてはなりません。皮脂やほこりが着いた状態では健康な育毛サイクルを継続でき...

若ハゲは、治るのか。治らないのか。

口コミ等の情報を見ていると、自分で勉強し処方箋を考え成果を出しているケースもありますが、クリニック、病院へ行くケースなど様々である。育毛対策は、長い時間を必要とするので慎重かつ、計画的に対策を考えていきましょう。
若ハゲが、”治るか” ”治らないのか” 口コミ情報を確認しながら対策を考える。

若ハゲ対策の悩み 口コミ情報

男性の口コミ
男性の口コミ
若ハゲに悩んでいます。現在、20才の大学生です。若ハゲが進行しており、ネットで原因や対策を調べているのですが、どれが自分に当てはまるのか分からないので対策がとれません。症状は、つむじにでています。徐々に薄くなっています。髪を洗うと指に髪が絡みます。(後略)
ハゲ爺
ハゲ爺
写真が見ましたが、全然問題ない状態でした。これから、規則正しい生活や食生活に注意すれば問題ないでしょう。少し、心配し過ぎです。ストレスも若ハゲの原因になるので深刻にならない方がいいと思います。!
男性の口コミ
男性の口コミ
10代後半ですが、若ハゲで悩んでいます。このままだと20代になる前には、若ハゲで完全に髪が無くなってしまうんじゃないかと思うくらい薄く、学校でも僕の頭に対して皆腫れものを触るような扱いです。増毛したいと思うのですが、学生なのでお金もなく、薬を使うのもチョット抵抗があります。

ハゲ爺
ハゲ爺
若ハゲは、本当に辛い。「この若者へのベストアンサーは、”おやじさんも髪が薄いらしく一緒に育毛シャンプーを使うようにアドバイスしていました。”」両親の協力が得られると心強いな!

*ヤフー知恵袋より

若ハゲの悩みは、口コミ情報を見ても数多く寄せられている。”自分だけが、なぜこんな苦労を!”と思うだろうが、現実をしっかり受止め進んで行きましょう。そのためにも、第一歩として若ハゲを知りましょう。

若ハゲの原因について勉強しよう!

睡眠不足

  • しっかり、毎日の睡眠を取る様心掛けてください。睡眠は、眠りが深いノンレム睡眠と眠りが浅いレム睡眠に分かれます。このサイクルは、90分間隔で繰り返されます。ノンレム睡眠を、充分確保出来れば、朝の目覚めが良くなり一日が快適に過ごせます。睡眠時間は、人によってそれぞれですが生活環境を整え良好な睡眠を確保しましょう。
  • 睡眠不足は、集中力が不足し効率的に仕事が進まなくなります。また、仕事への悪影響で会社内でストレス要因になります。深夜帰宅が多くなったり、深酒、就寝前のテレビ、携帯等は、良好な睡眠を阻害します。
  • 髪の成長は、深夜に成長ホルモンが分泌され活発になります。夜の睡眠が確保できない時は、このチャンスを逃す事になります。髪の成長を促す正しい睡眠を取りましょう。

食生活の乱れ

  • 食事は、バランスの良い食事を習慣づけましょう。インスタント食品、ファストフード等の高カロリー食品は注意してください。脂質、糖質の多い食べ物の摂り過ぎは、中性脂肪を増加させ肥満、血液をドロドロにします。
  • 塩分の摂り過ぎに注意しましょう。塩分は、高血圧の原因になります。高血圧になると、頭皮への栄養不足で抜け毛、細毛を促進します。
  • 食事は、育毛効果が期待できるタンパク質、ミネナル(亜鉛)、ビタミンを意識して食べてください。
    タンパク質は、牛肉、卵、納豆。ミネナルは、牡蠣(カキ)、イワシ、昆布。ビタミンは、カボチャ、レバー、アーモンド等に含まれます。食品名を見ると解るように、炭水化物、脂質、糖質の多い食品を避ける事が若ハゲに効果がありそうです。

運動不足

  • 筋力運動は、男性ホルモンを増加させ若ハゲが進むと言われますが、適度な運動は必要です。運動は、肥満を防ぎ血液のめぐりが良くします。また、基礎代謝効果も望めます。
  • 激しい運動は必要ありません。有酸素運動のウォーキング、ストレッチ等を継続して行うようにしてください。汗を掻くことで脱毛ホルモンの排出も期待できます。

頭皮環境

  • 頭皮は、余分な皮脂が残らないように清潔にしておく必要があります。毎日のシャンプーできれいにし、育毛剤等の効果が最大限発揮できるようしましょう。

男性型脱毛症 AGA

  • 男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンが影響します。男性ホルモンは、還元酵素の5αリダクターゼと結びつき脱毛ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)を作ります。DHTは、毛の成長を抑制しハゲの原因を作ります。
  • DHTの抑制は、生活習慣、食生活、適度な運動等が密接に関係していると考えられ、日々の生活において意識が必要です。

若ハゲの種類

U字型

 髪の占める、ひたいの面積が狭くなり、後ろに向かってハゲて行きます。上方から見るとU字のように見えるからです。

M字型

 ひたいの右と左の髪の毛が無くなっていくハゲです。真ん中が残った形からM字型とよばれています。

O字型

 頭頂部を中心として、ハゲが進む形です。

最後に

若ハゲは、治る治らないを考えるよりも必要性を感じた時、行動を起こしましょう。後から後悔するのは、辛いです。人によって、育毛対策は違いますが納得いく形で進めて行きましょう。