若ハゲ対策
イソフラボン

若ハゲがイソフラボンでハゲ対策

若ハゲに役立つイソフラボンとは、大豆に含まれる天然の成分です。大豆は、栄養の宝庫で現代社会においても多く食べられています。納豆などは、毎朝食卓に乗る食材になっています。イソフラボンの効果は、女性の美と健康の強い味方として知られていますし、骨粗しょう症の防止にも役立つ報告があります。若ハゲにはどのように効果があるでしょうか。

イソフラボン効果

正しい生活習慣のお助けマン
現代の社会生活において、簡単に取れるレトルト食品、口当たりのいい脂モノ食品等が多くなっています。この食生活では、血液中のコレストロールが増加しドロドロ血液になる可能性が高い。結果的に、血管が細くなり末端まで血液が送られなかったり、詰まる原因になる。イソフラボンは、血液中のコレステロール増加を防ぐ効果があり動脈硬化の防止に繋がります。若ハゲに取っては、頭皮の毛細血管まで血液が送られ栄養が確保出来る。
強い抗酸化作用
人間の体には、活性酸素がありウイルス、細菌などを退治する役目を持っている。しかし、多くなりすぎると正常な細胞を攻撃する事になる。イソフラボンは、活性酸素が増えすぎる事を抑える力がある。若ハゲに取っては、抗酸化作用により血管の老化を防げ、細胞が健康になり毛根に充分な栄養を送る事が出来る。
ジヒドロテストロン(DHT)の抑制
男性ホルモンは、5αリダクターゼ(還元酵素)と結びつき強力な悪玉男性ホルモンDHTを作ります。ジヒドロテストステロン(DHT)は、髪の毛の成長を抑制したり、前立腺肥大、前立腺がん等に深く関与しています。若ハゲに取っては、イソフラボンがDHTを抑制する事で頭皮の育毛環境がよくなる。

イソフラボン弊害

男性特徴の低下
男性ホルモンの役目は、大きな筋肉を作ったり、性欲、向上力等々ある。イソフラボンを過剰に摂り過ぎると男性ホルモンのいい所が無くなっていく。若ハゲに取っては、イソフラボンを取る事は大切だが弊害も理解しておく必要がある。摂取上限も設定されているが、普段の生活で少し多く取っても問題ないレベルである。

イソフラボン食物

食物名 100g当たりの含まれる量
大豆 140 mg
黄粉 260 mg
豆腐 20  mg
おから 10  mg
納豆 70  mg

最後に

若ハゲに対するイソフラボンは、効果が期待できます。大豆に含まれる天然成分であり、人間の体には大切な栄養素が多く含まれています。生活習慣の見直しが必要な場合に合わせ技で取り入れてはどうでしょうか。