若ハゲ対策
かゆみ

頭皮がかゆい、フケがいっぱい。原因や対策を考えましょう!

頭皮がかゆくありませんか?

毎日のように、頭がかゆく困っていないでしょうか?お風呂で、一生懸命シャンプーしなが

ら頭皮を引っ掻いていませんか?それでは、かゆみは治りません。放っておくと、かゆみだ

けでなくフケや薄毛等の原因になります。かゆみの原因をしっかり理解し、対策を考えま

しょう。

頭皮のかゆみ、フケの原因

頭皮のかゆみも大変ですが、電車内でフケが肩にイッパイ乗っている人を見ると、気持ち悪

くなります。思わず、車両を変えてしまいます。シビアな問題だけに誰も、注意してくれま

せん。頭皮のかゆみやフケは、いろいろな原因がありますので、理解を深め自分の思い当た

る症状の原因を考えて行きましょう。

 ストレス

学校や会社で過剰なストレスを受けると、精神的にマイルだけでなく頭皮の毛細血管が縮小します。血管が小さくなる事で、頭皮への栄養分や酸素が不足する現象が起こります。結果的に皮脂の過剰分泌につながり、頭がかゆくなってきます。

かゆくなった頭をシャンプーで、一生懸命洗うために皮脂が取り除かれ過ぎ、さらにかゆみがでる悪循環になります。

 睡眠不足

睡眠は、頭皮のかゆみや薄毛にとって、最も重要な事です。適正な頭皮環境をつくる成長ホルモンは、夜間の22時~2時に活発となりますが、睡眠が取れていないとこの恩恵は受けられないのです。新陳代謝が悪くなり、頭皮の保水力が低下し乾燥へと繋がって行きます。乾燥した頭皮は、かゆみやフケに繋がって行きます。

 洗浄力の強いシャンプー

シャンプーの刺激性のあるものを使用すると、皮脂が取り除かれ過剰皮脂の分泌により、常在菌の活躍現場が増えます。マラセチア(常在菌)は、過剰の皮脂を分解し脂肪酸を作り頭皮に刺激を与えます。炎症や乾燥の皮膚トラブルに繋がります。

 シャンプーのすすぎ不足

シャンプーは刺激性のあるものを使用すると、すすぎ不足でシャンプーが残った場合、頭皮に刺激を与えます。また、過剰皮脂を雑菌が酸化する事でかゆみだけでなく、臭いを伴う事が考えられます。

 紫外線

夏の日差しが強い時に、頭皮に紫外線を受けると太陽に一番近い頭頂部は、乾燥します。頭皮が乾燥すると、硬くなり血行不良を起こしかゆみや薄毛、抜け毛の原因になります。

 不規則な食生活

毎日のように、油物や麺類、コンビニ食を多く食べていると、血液の中に脂分が多くなり血流不足によって頭皮環境が悪化します。血液より、適正な栄養が得られないため過剰皮脂につながります。刺激が強いシャンプーを使ったケースと同じで、かゆみやフケの原因になります。

また、過剰なダイエットにおいても、頭皮への栄養不足になるケースが多く注意をする必要があります。

” フケ ” とは

頭皮の皮脂が破壊されると、細菌の繁殖や乾燥の原因になります。頭皮の環境が悪化すると

ターンオーバーが正常に行われず未熟な角質が剥がれる事になります。健全な頭皮の入れ替

わりでは、目に見えないくらいの角質の剥がれになります。しかし、ターンオーバーが乱れ

た角質の剥がれは、ハッキリ見える形で肩に落ちたり頭皮上に残ったりします。これがフケ

です。

ターンオーバーとは、皮膚が生まれ変わるサイクルです。表皮の一番上の角質が剥がれます。正常であれば28日間周期ですが、頭皮の環境が悪化した場合バランスが乱れ~21日周期になります。

頭皮のかゆみ、フケの対策

対策は、とにかく 頭皮を奇麗 にする事につきます。
 
いろいろな対策はありますが、常に頭皮に気を配り刺激を与えず、汚れはしっかり落としましょう。
 
ストレスの排除

普段の生活で、ストレスを全て排除する事は不可能です。取り除けないストレス対策は、溜めない事です。休日を有効に活用してください。趣味に没頭するのも良し、寝るのも良し。ストレスを一度リセットする時間を作ってください。

 
睡眠の質を上げる

”寝ているからいい”と言うものではありません。深く眠る事が大切です。”寝る前にスマホをするな!”なんて現実的ではないと思います。時間に余裕を持つ事です。大切な時間は、22時~2時なのでこの時間は絶対布団の中にいるようにして下さい。スマホをするなら、大切な時間を意識して就寝時間を早めてください。成長ホルモンに好影響を与えるばかりでなく、体調が良くなり元気になります。

 
洗浄力の優しいシャンプー使用と正しいシャンプー方法

市販のシャンプーは、どうしても洗浄力の強さから、皮脂を過剰に落とし過ぎる傾向にあります。皮脂が無くなると修復しようと、過剰な皮脂の分泌に繋がりやすくなります。頭皮環境を健全にするためにも、頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーを使用してください。少し、値段が高いですが効果は期待できます。正しいシャンプーの方法は、”優しく洗い” ”確実に乾燥” する事です。。

あわせて読みたい
若ハゲシャンプーは、薄毛を育毛するシャンプー選びをする事。若ハゲに取って、毎日のシャンプーは非常に重要です。頭皮環境を整える基本的な手入れ方法が大切です。良く考えシャンプーを選び正しい方法で行わ...
紫外線は、秋にも注意

夏場の日差しは強い為、注意力が向きやすいですが秋にも油断してはいけません。気持ちのいい季節になり、外出も多くなりますが紫外線が無くなったわけではありません。帽子などの紫外線防止策を忘れてしまいがちですが、外出時には注意しましょう。

規則正しい生活

不規則な生活は、頭皮へいろんなダメージを与えます。頭皮への栄養を考え普段から、朝晩3食意識して食べましょう。単純な事ですが、規則正しく食べる事が大切であり、タンパク質やビタミンなどバランスの取れたものにしてください。寒い時期のナベは最高ですね。体も温まり、魚、豆腐、きのこ、野菜など多くの栄養を一緒に取る事が出来ます。

あわせて読みたい
ハゲ肥満が、ダイエットで薄毛・抜け毛を治す事は可能ですか? 街を見ると、ハゲている人に肥満が多い印象を受けるのは気のせいでしょうか。お腹が出て いて、額に汗している人は必ずハゲている……...

最後に

頭皮のかゆみは、フケを作り薄毛や抜け毛の元になります。頭皮の正しいケアを行う事でダメージを防ぐことが出来ます。食生活や髪の手入れに手を抜かないようにしましょう。頭皮が乾燥すると、いろんな悪い症状が出てきます。肩に白いフケが落ちるのは、イメージを悪くするばかりでなく、”自分の体を管理出来ない人!”と生活態度も疑われます。