若ハゲ対策
ミノキシジル

若ハゲに、ミノキシジルは必要か?いいや、必要ないでしょう!

ミノキシジルは、1980年代にアメリカ合衆国ニューヨーク州に本社があるファイザー社が、高血圧の薬として用いられていたものを、育毛にも効果がある事を発見し「ロゲイン」として販売開始されている(2%ミノキシジル外用溶液)。内服薬は、副作用確認された為発売されていない。

日本皮膚科学会ガイドライン 2017年版より

上記の指針では、ミノキシジルの位置づけとして外用薬としては、推奨度A:強く勧めるレベルで記載があり、男性型脱毛症に対しては5%ミノキシジルが示されている。また、発毛効果に関して、高い水準の根拠があると結論付けている。又、外用初期に休止期脱毛が見られる事併記されている。一方、内服薬に関しては、推奨度D:行うべきでない結果になっている。危険性の検証がなされていない為、男性型、女性型脱毛症に行わない指標になっている。

ミノキシジル(外用薬)の育毛剤

ミノキシジル育毛剤(外用薬)は、リアップに始まりロゲイン、カークランド等があり確認していきます。

発売会社

ロゲイン アメリカのファイザー製薬が開発。販売は、Johnson&Johnsonから販売されている。
リアップ×5 大正製薬より販売。一般用医薬品で第一類医薬品で処方箋が無くても購入が可能。
カークランド ロゲインのジェネリックとして、小売り大手コストコが販売。

価格

販売価格は、リアップが高価になります。カークランドは、ロゲインのジェネリック品なので一番安いです。ミノキシジル5%のもので比較しました。

ロゲイン 5532円   2本+スポイド1本  1本60ml 液状
フォームタイプは販売無し
リアップ×5 7611円  1本          1本60ml
カークランド 3323円  2本+スポイド1本   1本60ml 液状
4323円  2本      1本60ml フォームタイプ

購入方法

いずれも、通販で購入可能ですがロゲイン、カークランドは、日本で販売されていないので輸入代行者より、海外からの購入となります。ただ、海外からの仕入れになりますので時間が掛かります。リアップは、日本で認められている医薬品なのでネットで購入可能です。

副作用、注意点

リアップ、ロゲイン、カークランドには、いずれもミノキシジルが含まれており副作用は似ています。使用中に副作用が出た場合は、使用を中止して医師の診断を受けてください。

副作用

  1.  頭皮の痒み
  2.  初期脱毛、多毛症
  3.  頭痛、めまい
  4.  性欲減退
  5.  不整脈、動悸、胸の痛み
  6.  手足のしびれ

注意点

  1.  女性は使用してはいけない。
  2.  未成年者(20才以下)は、使用不可。
  3.  低血圧、心臓に障害のある人、高齢者等は、医師の診断が必要。
  4.  6ヵ月以上使用して変化が見られない場合は、使用をやめ医師の診断を仰ぐ。
  5.  決められた使用量を守る事。

まとめ

ミノキシジルの外用薬は、実績の報告もあり心配は少ないでしょう。効果が出るのが遅いので、じっくり取り組む必要があります。投資を無駄にしないように頑張ってください。フィナステリド(プロペシア)との併用も効果がある口コミをよく目にします。ただ、認められていないミノキシジル内服薬も普通に使っている口コミ記事も見ます。自分の判断を過信せずに、クリニックの受診をおすすめします。ミノキシジル内服薬もネットで購入可能ですが、全て自己責任になります。困ったときに相談する人がいません。