若ハゲ対策
ミノキシジル

若ハゲ ミノキシジルは、安全なのか!副作用は問題ないか?

 ミノキシジルとは?    

ミノキシジルは、元々高血圧の薬に使われていたもので育毛効果の事実が確認され開発に至ったものである。ミノキシジル育毛剤の日本製品は、第一類医薬品に指定された一種類のみである。

日本皮膚科学会ガイドライン(2017年版)では、ミノキシジルの外用は「A.行うよう強く勧める」の分類となっており、高い水準の根拠があるとしている。しかし、外からの塗布であり頭皮からの吸収率が限られており効果が悪いとの情報もある。又、薬のミノキシジル含有率も様々だが濃ければ良いというものではなく、頭皮への吸収率は限られている。

ミノキシジル内服は、ガイドラインでは「D.行うべきではない」の位置づけである。国内では、未認可の薬であり血管拡張が大きな特徴であるが、副作用もあり持病のある人は注意を要する。

同じ若ハゲ治療薬のプロペシア(フィナステリド)は、ミノキシジルタブレットとは効果が違うので一般的に併用されることがある。

  • ミノキシジルの外用 …ミノキシジル育毛剤
  • ミノキシジル内服  …ミノキシジルタブレット
  • 第一類医薬品 …市販薬は、4段階に分かれており1類は ”副作用、相互作用等の安全性に特に注意を要する” 医薬品です。2類、3類と注意度は下がります。

 ミノキシジルの効果      

一般に育毛剤の効果は、

  •  抜け毛を抑制する効果
  •  髪を増やす効果

があるが、ミノキシジルは髪を増やす効果がある。血管を広げる事で血流を多くし、毛包に直接作用し細胞の増殖やタンパク質の合成を促進します。いわゆる血液の養分を多く髪に送れるという事。弱った毛、成長が止まった髪に対して元気を与える効果がある。

プロペシアとミノキシジルタブレットの組合せの使用例において、髪が成長した報告が多い。良好な結果報告はあるが、効果が表れる期間は長く6ヵ月程度の継続使用が必要である。又、服用をやめると効果は消滅する。

 ミノキシジルの副作用     

ミノキシジルの副作用は

  •  体毛増加
  •  動悸、めまい
  •  初期脱毛

この中で、動悸、めまいの副作用には注意が必要である。服用中に、体調不良を感じた時は服用をやめ医師の診察を受けるべきである。副作用の影響で、薬をやめた後も後遺症が1年間改善しなかった報告もある。

服用しない方が良い人

  •  心臓など循環器系の弱い方
  •  肝臓、腎臓の弱い人
  •  高血圧、低血圧の人
  •  むくみがある人
  •  20才以下の未成年
  •  高齢者

発毛効果は高いですが、副作用が怖い方は使用すべきではありません。ゆるやかな方法になりますが、生活習慣の見直しや副作用のない育毛剤で若ハゲ対策を進めて行きましょう。

 まとめ 

ミノキシジルタブレットは、未認可の医薬品であり使用は慎重に進める必要があります。医療費も高額になり継続する覚悟を決めて決定してください。個人輸入の方法もありますが、全て自己責任になりお勧め出来ません。好結果報告もあり、”髪の毛を選ぶ” あるいは ”副作用が怖くてやめる” いずれかでしょう。