若ハゲ対策
筋トレ

若ハゲの筋トレはダメなのか?

若ハゲが、筋力トレーニングをすると禿が進むのか?若ハゲは、少しでも容姿を良く見せようと体を鍛え努力する事を考えるが、もし、ハゲが進むようでは努力が萎える。ほんとに筋力トレーイングは、NG!?
  

筋トレでハゲが進む理由

筋トレで男性ホルモンが増える
筋トレで男性ホルモンのテストステロンが増え、若ハゲサイクルが進行する。テストステロンと還元酵素の5αリダクターゼの結合が促進され、ハゲ成分のDHT(ジヒドロテストステロン)が生成される。DHTは、髪の成長を抑制し薄毛、抜け毛を引き起こす。しかし、全ての人がこのサイクルで禿げるとは限らない。遺伝等により、禿げる人禿げない人が存在する。
筋トレのタンパク質の影響
ダイエット目的のジムでのトレーニングは、筋肉を大きくしカロリー消費により効果を上げる。しかし、一方でハゲが進む要因を作っている事も認識しておかなければならない。
筋肉が増えると、多くのタンパク質を消費します。髪の成分は、タンパク質で作られておりタンパク質不足による髪の成長への影響が考えられます。実際は、現代の食生活において可能性は低いですが極度の筋トレ、ダイエットにおいては懸念材料になります。
筋トレの活性酸素の影響
激しい運動は、男性ホルモンに加えて活性酸素の増加に繋がります。活性酸素の増加により、細胞の老化現象が起こり髪の成長に影響を与えると考えられています。

筋トレの良い所

有酸素運動は有効
筋力トレーニングは、若ハゲの要素になりますが軽めの有酸素運動は、DHTを減少する働きがあります。適度の運動は、若ハゲに取っては有効である報告もあります。若ハゲにとって運動は、新陳代謝を高め汗を掻くことで頭皮の健全性を図れます。
割れた腹筋は魅力的
締まった体、割れた腹筋は、魅力があります。若ハゲへの影響があるにしても、魅力アップの為に筋トレは外しがたい。充分タンパク質を取る等の対策を考えて進めるのはありでしょう。

まとめ

 筋力トレーニングの若ハゲに対する影響はあるが、他の因子から考えるとリスクが少ないと考える。まだ、タバコ、紫外線、ストレス等により活性酸素が増える事の方が影響度は大きいのではないか。逆に、運動不足による肥満がもたらす血行障害による髪への栄養不足が問題である。

あわせて読みたい
若ハゲが亜鉛の効果について調べてみる若ハゲは、いろんな要素で起こります。育毛対策は、若ハゲ治療、シャンプー、育毛剤、サプリ等々いずれも高価なものが多いです。 悩み多い若者...



ABOUT ME
kenji
定年を向かえ寂しい人生にならないように、日々前を向いて頑張っています。何事にもチャレンジしていこうと考え、ブログを立ち上げました。