若ハゲ対策
若ハゲ対策

若ハゲは、納豆で改善できるか?効果のほどは如何に!

若ハゲの原因はいろいろありますが、対策を考えていくには地盤をしっかりしておく必要があります。シャンプー、育毛剤、治療薬等を行っても生活習慣が乱れていると効果は期待できないです。 地盤=健康な体 を作る事で若ハゲ対策のスタートラインに立つ事が出来ます。

さて、抜け毛や薄毛に悩む人は非常に多く、一体どうすればいいのか?解決策の一つとして食事があり、最適な食材を調査してみます。

髪の毛は、大部分がタンパク質で作られており、多くのタンパク質を摂る為の最適な食べ物に納豆があります。

若ハゲは納豆で改善できるのでしょうか?

日本の家庭の朝ご飯には、納豆がつきものですが若ハゲに良いのでしょうか?検証してみたいと思います。

若ハゲの納豆パワー!

納豆は、元気になる食べ物で知られています。一般的な理由としては、”オイシクてネバネバしてるから体にいいのでは?”程度に考えられていると思います。

しかし、納豆は若ハゲに効果があるのです。

納豆は、植物性のタンパク質が多く含まれています。髪のほとんどがタンパク質で出来ている事を考えると、髪にいい事が想像できます。

また、納豆はイソフラボンと言う成分を含んでいます。イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをし若ハゲに効果を発揮します。

イソフラボンの効果

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンと還元酵素(5αリダクターゼ)の結びつきで脱毛ホルモン(ジヒドロテストステロン)が作られる事で起こります。

イソフラボンには、5αリダクターゼを抑制する働きがあり脱毛ホルモンの発生を抑制します。

納豆と相性のいい食べ物

納豆が体に良い事は、解りました。さらに、合わせ技で効果を上げるために素晴らしい食材があります。

納豆と卵

卵は、髪に必要なタンパク質を超豊富に含んでいます。卵と納豆を暖かいご飯にかけて食べれば、栄養価は満点に加え美味い、安いのオススメ食材です。

納豆とキムチ

キムチは、乳酸菌で醗酵させたものです。納豆の納豆菌と一緒になると効果倍増です。とても相性が良く、ビールのあてにも最高です。ただ飲み過ぎは、禁物です。

納豆パワーを無駄にするな!

納豆の力を有効活用する為には、健康な体が必要です。せっかく若ハゲの改善の為、栄養分を摂っているのに、生かされていなければ意味がないのです。生活習慣の改善をする為には、何をすればいいのか確認していきます。

毎日の散歩を忘れるな!

毎日の散歩は、重要です。適度な運動をする事で、汗と共に脱毛ホルモンの排出が可能です。無理をしないように毎日、続ける事が大切です。

今すぐ、禁煙だ!

タバコは、ハゲになります。

タバコは、

  1.  頭皮の血管を収縮する
  2.  男性ホルモンの分泌を促す
  3.  ビタミンを消費する
  4.  肝臓の機能を低下する

若ハゲに悪い事ばかりです。一日も早くやめましょう。

ラーメンの汁を飲まない

ラーメンのスープには、塩分がたっぷり入っています。塩分は、高血圧の原因になり毛細血管が収縮する事で、栄養の供給不良になります。髪に栄養が送れなくなると、薄毛、抜け毛の原因になります。

唐揚げは、ほどほどに!

メタボに限らず、若ハゲにも油は禁物です。塩分と同じで、血液中の脂肪分が増加する事で血流が悪くなります。肥満は、脳梗塞や若ハゲの原因に繋がっていく可能性があり注意が必要です。

肉より魚を食べましょう

魚に含まれる油には、コレステロール値を低下させる働きがあります。血液内の脂肪分を増加させないためにも、積極的に魚を食べましょう。

お酒は休刊日を作る

毎日の晩酌は、体の悪化を招く元です。アルコールは、肝臓で無毒な酢酸に変化しますが飲みすぎると、処理しきれない毒性のアセトアルデヒトが血液中に混入します。

アセトアルデヒドは、脱毛ホルモンを増加される働きがあり若ハゲの原因になります。

お酒は、休刊日を設けて楽しく飲みましょう。

ストレスを溜めないように休暇は、趣味に没頭しよう

ストレスは、血管を収縮させます。血管が収縮すると、髪の毛細血管に栄養が運ばれにくくなります。結果的に、薄毛、抜け毛の原因になります。

ストレスを溜めないように、休暇などを利用してストレス発散を行う事が必要です。

一日6時間以上は、寝る事!

髪は、寝ている時に育ちます。成長ホルモンが活発になる時間帯は、22時~2時であり質の高い睡眠が望まれます。単純に、6時間寝ればいいのではなく夜間の熟睡が若ハゲに取っては重要です。

夜更かしを控え、規則正しい睡眠を取りましょう。

納豆のタンパク質の必要性

髪の育成のために必要なタンパク質は、食事によって摂り入れアミノ酸に分解されます。分解されたアミノ酸は、髪の主成分であるケラチンなどのタンパク質に再合成されます。

抜け毛や薄毛対策には、納豆に含まれる多くのタンパク質は当然ながら、ビタミン、ミネラル、亜鉛等も摂る事を忘れないでください。

大豆製品から摂れるタンパク質は植物性です。女性の薄毛はホルモンバランスの崩れが原因していますが、大豆には女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをするイソフラボンが含まれています。

髪を育てるタンパク質として大豆食品が効果的であると言えます。

大豆より納豆を食べてください?

大豆には、植物性タンパク質が多量に含まれており髪に大切な栄養補給食品です。しかし、重要な植物性タンパク質ですが、大豆からは吸収しにくいそうです。

いくら素晴らしい栄養を持っていても、吸収できなければ効果は低下します。

しかし、大豆に比べ納豆は発酵食品であり、基本的に吸収率が数段アップします。よって、効率的に摂り入れる場合には、大豆よりも納豆と言う事になります。

若ハゲの納豆について 最後に!

納豆が、髪の毛に良い事は解りました。

しかし、納豆を数多く食べたからと言って髪がフサフサになる事は無いです。納豆は、あくまで予防効果として考えるようにしてください。身体に良い事は、間違いないので積極的に食べましょう。

美味しいうえに、髪に良く、毎日の食習慣に根付いている納豆は、おススメ食品です。