若ハゲ対策
肥満

若ハゲは、肥満に耐えられるか?

若ハゲは、肥満に耐えられるか?
若ハゲに、肥満がどのように影響するのか?若ハゲに限らず、肥満は生活習慣病に始まり数多くの病気の原因を作ります。糖尿病などに至っては、生命の危険度からいえば若ハゲに比較にならないくらい重要度は高い。肥満が、体に良くない事は分かっているが、コントロール出来ないケースが多い。若ハゲが、肥満に何が関わっているのか確認する。

若ハゲに対する肥満の悪影響

肥満は、体質、運動不足、生活習慣等が重なり起こります。当然、摂ったカロリーより消費したカロリーが少なければ肥満に結びつきます。

⓵ 血行不良血液中に脂肪が多くなると、血液がドロドロ状態になります。この時間が長くなると、血管内部が細くなっていき血行不良や血圧上昇を招く。

この状態になると、頭皮の毛細血管への血液の流れが悪くなり毛母細胞へ栄養補給が出来なくなる。髪を作るために細胞分裂ができなくなり、抜け毛、細い髪になってくる。

⓶ 汗を掻かない現代汗には、気持ちいい汗と気持ち悪い汗がある。スポーツで流す汗は気持ちいいが、仕事で掻く汗は気持ち良くない。例題がよくないが、現代社会では、汗を掻く機会が減少している。

慢性的な運動不足、快適な空調設備の充実等々、汗を掻くチャンスが少ないため、汗腺が縮小している。汗の量が少なくなり、ろ過能力低下で水分以外のミネラル物質等を含んだベタベタ感の汗が出るようになる。頭皮がベタベタ汗で汚れた状態になると、ゴミの付着、細菌の繁殖等により炎症を起こす可能性がある。頭皮の環境悪化は、育毛に大きな影響を与える。

⓷ 脂分が多い皮膚肥満により、皮膚の表面から皮脂が排出される事で皮膚全体が脂っぽくなる。頭皮で余った皮脂は、汚れて酸化をひき起します。

酸化は、抜け毛、悪臭、かゆみ等を伴い髪の成長に弊害をもたらします。

若ハゲに対する肥満の対策

若ハゲに対する肥満が問題である事がわかり、肥満への取組は、若ハゲと並行して行う必要があります。具体的な肥満対策は、

  • ラーメン等の脂っこい食事を極力摂らない。
  • 積極的に散歩など有酸素運動を行う。
  • ストレスをためないように、リフレッシュし気分転換する。
  • しっかり睡眠をとり、規則正しい生活を送る。

まとめ

若ハゲは、大きな悩みになっていますが、肥満についても健康面や外見のレベルアップ等から改善していかなければなりません。肥満が、若ハゲに悪影響しているのは確実です。若ハゲの効果を上げる意味でも並行して実施していきましょう。