若ハゲ対策
体臭

頭皮の臭い、口臭、足臭あなたは大丈夫ですか?

頭皮の臭い、口臭、足の臭い等は、大丈夫ですか?ニンニクを食べた翌日の口臭のように自

分では、なかなか分りにくいのが ”臭い” です。臭いはデリケートな問題だけに、注意し

てくれないのが現実です。彼女に嫌われる原因になります。普段から、自分で注意していな

いといろいろな面でマイナスイメージを与えます。

臭いをどのように注意していくのか、原因から対策まで調べて行きましょう。

頭皮の臭い、口臭、足臭の原因と対策

臭いには、それぞれ原因がありそれを取り除く事で悩みの悪臭は解決します。正しい知識を

持ち、正しい臭い対策を行って行きましょう。

頭、口、足についての臭い対策案を考えます。確実に実行する事で、悪臭に関する悩みは改

善されるでしょう。

頭皮の臭い

イヤな髪の臭いは、人との付合いで真っ先に気づく臭いであり早く解決する必要があります。考えられる原因は

  1.  頭皮の表面にある皮脂の過剰分泌
  2.  歳によるもの
  3.  髪の手入れ間違い

 

頭皮の表面にある皮脂の過剰分泌

生活習慣、食生活等の乱れにより、頭皮環境の悪化から正常に分泌している皮脂が異常に

多くなり臭いやフケの原因になります。また、臭いだけでなく抜け毛や薄毛の原因にもなる

可能性があります。

(対策)

頭皮環境を整える事で、臭いの元である皮脂の異常分泌を防ぎます。身体の内外から対策を

考えます。

体内からの影響を改善する為に、生活習慣の見直しを行い睡眠不足やストレスの溜めすぎに

ならないようにしましょう。食生活についても、油物やラーメン、コンビニ食ばかりになら

ないように注意して下さい。血管の収縮や血中の脂が増え頭皮への栄養不足が起こる可能性

があります。

体の外からはシャンプーの正しい方法や乾燥方法で頭皮をきれいにしましょう。

歳によるもの

歳をとると加齢臭という迷惑な臭いが出てきます。加齢臭は、体の皮脂腺からでる皮脂の成

分に、年齢と共に増加するパルミトレイン酸があります。パルミトレイン酸は、空気中の酸

素で酸化され2-ノネナールに変化しまし加齢臭の元になります。

また、加齢臭と同じように30代~50代にかけて発生するミドル脂臭もあります。発生す

る場所は後頭部、うなじ、頭頂部になります。

対策

加齢臭、ミドリ脂臭は、年齢と共に増えてくるもので、基本対策は発生した臭い源を拭き取

る事になります。汗を掻いた場合などは、まめにシャワーをしたりボディペーパー等を使い

清潔にする事を心掛けましょう。

 

髪の手入れ間違い

髪の手入れであるシャンプーとドライヤーは、正しい方法で行わなくては頭皮環境が悪くな

り悪臭の原因になります。

シャンプーを直接髪に掛けると、直接シャンプー液が頭皮に触れ敏感肌の人等は頭皮に大き

なダメージを受ける事になります。また、すすぎ不足による残ったシャンプーで頭皮が炎症

を起こす事も考えられます。

シャンプー後の乾燥を忘れてしまうと、髪に雑菌が繁殖する可能性があり悪臭の原因になり

ます。

対策

シャンプーや乾燥方法が間違っていると髪を痛めるだけでなく、頭皮にも悪影響を与えま

す。正しい方法を理解し悪臭を無くしましょう。

シャンプー、乾燥の正しい方法は、以下の手順になります。

手順1  ブラッシングをする

シャンプーをする前に髪を濡らさない状態で、ブラッシングをします。静電気防止のために獣毛ブラシを使いましょう。髪の絡みやほこりを取り除いたり、頭皮のフケを浮かび上がらせます。

手順2  予備洗い ぬるま湯で洗います(シャンプーを使わない)

シャンプーを使わなくても、予備洗いで髪の汚れはほとんど取れます。熱いお湯で洗うのは、髪を痛める元です。ぬるま湯を使いましょう。

手順3  シャンプーで洗う(爪を立てない)

シャンプーを手の平で泡立てた後に、髪を洗ってください。シャンプーを直接髪にかけると頭皮にダメージを与えたり、すすぎ不足の原因になります。手の平で泡立てる事でシャンプーが均等に、髪や頭皮に行き渡るようにします。

手順4  頭皮をマッサージする

頭皮をユックリ指の腹を使い揉むように洗ってください。頭皮を意識する事で、地肌や毛穴をきれいにする事が出来ます。

手順5  しっかりすすぐ

非常に重要なすすぎです。すすぎが、不充分な状態だと髪や頭皮にシャンプーや汚れが残ってしまい、頭皮環境の悪化に繋がります。普段の自分が、”すすいだ~!”の感覚からさらにゆすいでください。あんがい長年の習慣で、すすぎ不足が身に付いているものです。3分以上は、すすぎましょう。

手順6    乾かす

タオルで髪を押さえるように拭きます。決して、ゴシゴシ拭かないように抜け毛や切れ毛の原因になります。タオルでのふき取りが終わった後は、ドライヤーにて乾かします。ドライヤーは、20cm程度髪から離して使用し頭皮から髪の先端に向けて順番に乾かしてください。シャンプーが終わった後は、キューティクルが開いた状態なので優しく行ってください。

頭皮環境を整える事で、頭皮や髪を健康に保つことが出来、臭いも無くなります。

口の臭い

口臭は、人とのコミュニケーションを取る時気を付けなければいけない大切な項目です。

口臭が原因で、彼女との付合いがうまく行かない事もあります。自分の口臭原因を正しく理

解し対策を取ってください。

口臭の原因は、

  1.  食べ物、酒、タバコによるもの
  2.  口の中が乾いた時 (ストレス等を受ける事により、唾液が無くなる状態)
  3.  病気が原因

等があります。

対策

食べ物やタバコ等の原因の口臭は、一時的なものでありこれらを辞めたり、控えたりする事で解決することが出来ます。特に、タバコ等は口だけでなく衣類にも付きます。周囲の状況を考えて吸いましょう。禁煙が一番です。

緊張した時の口の中の乾きによって出る口臭は、食事や会話で唾液を出すことで解決します

病気(虫歯、歯周病等)が原因の場合は、個人での判断は難しいです。専門医の治療を受けてください。適切なアドバイスを頂けるので、根気よく続けるようにしましょう。

 

足の臭い

足の臭いは、靴を脱いだ時に感じる人がほとんどでしょう。特に、夏の暑い時期は汗により

靴の中の環境が最悪な状態になります。臭い対策をしても、なかなか効果が出ないのが現実

ではないでしょうか?会社の飲み会などで、靴を脱ぐ恐怖を感じた事はありませんか?

臭いの原因を確認し、適正な対策を取りましょう。

臭いの原因は

  1.  靴の中の汗
  2.  靴下の汚れ

があります。

靴の中の汗

長時間、靴を履いていると汗を掻くことを避ける事は出来ないでしょう。自分でも臭いがし

ているだろうなと思う事がありませんか。仕事柄、革靴を履きっぱなしのケースが少なくな

い人も多いでしょう。文献によると、汗自体が臭いを出すのではなく足の常在菌が汗を分解

した老廃物が臭いを発しているようです。汗かきのひとは、臭いの元を多く作っている事に

なります。また、足の角質も臭いの原因になります。

対策

靴の中で汗が出なくする事は無理なので、

  1.  定期的に靴を脱いで、空気を通す。
  2.  靴の消臭剤を使用する。
  3.  家に帰ったら、すぐ足を洗う。(臭いのする状態を短くする)
  4.  バスタイムで、足を隅々まできれいに洗う。
  5.  足の角質を取りきれいにする。

上記の対策を取る事で、大きな臭いの元は改善されるでしょう。臭いのする状態を、短くす

る工夫をし習慣づけしてください。

靴下の汚れ

靴の中で汗を掻くと当然ながら、靴下も臭いがするようになります。靴内の環境が、改善

されないと慢性的に、むせるような甘酸っぱい臭いを発するケースが多くなります。また、

水虫等の原因にもなりかねません。毎日のメンテナンスが大切になります。

対策

  1.  汗を抑えるケア用品を利用する。
  2.  靴を定期的に履き替える。(同じものを毎日、履かない)
  3.  靴を天日干しする。
  4.  予備の靴下を準備する。(足の汗が多いなと思う時、履き替える)
  5.  通気性の良い靴下を履く。

基本的には、足が臭わなければ靴下も臭いません。靴の使い方にも注意を払い事で、トータ

ルで臭いを防ぎます。

最後に

臭いは、デリケートな問題だけに人から注意してもらえる事は少ないでしょう。だからと

言って何もケアしないのは、嫌われる原因を作っているのと一緒です。自分の身体から出て

いる臭いの原因を調べ対策を取って行きましょう。汗を掻いた後は必ず、何らかのケアが必

要です。ボディシートを使い体をまめに手入れしましょう。

臭いは、服や靴にも移ります。洗濯、クリーリングで対応してください。