若ハゲ対策
プール

若ハゲのプール、海は、ハゲ隠しに注意する必要あり!恥ずかしい!

夏になると、若ハゲの悩みの種である ”プール、海(海水浴)” の誘いがやってくる。

彼女や同僚からの誘いは、断ってばかりにもいかず参加を了承する事もあるでしょう。

友達に若ハゲが、認知されている場合は何も問題ないのですが、若ハゲを隠している状況での参加は厳しい。

極力、断りを入れるのが良いのですが…。

若ハゲが、プール、海に行く時の注意点と対策を書いていきます。

若ハゲのプール、海での髪、頭皮への注意点!

若ハゲのプール、海でのハゲ隠し対策の前に、髪や頭皮にどのような悪影響があるか確認します。

プールの塩素

  1.  塩素は、殺菌作用があり髪のキューティクルを破壊してしまいます。キューティクルがダメージを受けると、髪がごわついたりツヤが無くなったりします。
  2.  塩素は、漂白作用があります。髪の毛の色を脱色します。しかし、数回のプールで心配する事はありませんが、有害成分が付着している事は間違いないです。シャンプーで確実に落とすようにしてください。

キューティクルとは

髪の毛の組織を構成する一番外側の表皮を言います。構成組織は、外から順番にキューティクル、コルテック、メデュラの組織名で構成されています。

役割は、外部の刺激から髪の毛を守り、水分を維持しながら髪の艶を保ちます。

海の塩分

海水に含まれる塩分によって、髪の毛の水分が奪われます。髪に水分が不足すると、髪がパサパサになり抜け毛、切れ毛の原因になります。

頭皮の水分を奪う事にもなり、頭皮環境が乱れます。

海の紫外線

  1.  頭皮が紫外線を受けると、温度の上昇で皮脂が蒸発します。結果的に、皮脂の異常分泌に繋がり皮膚炎やフケの原因になります。
  2.  髪が紫外線を受けると、キューティクルの水、油が放出され枝毛、切れ毛、抜け毛の原因になります。

 詳しい事は、下記より確認してください。

あわせて読みたい
若ハゲが紫外線と闘う! 太陽光線は、紫外線、赤外線、可視光線に分かれますが、若ハゲに影響あるものは紫外線です。紫外線は、髪のキューティクルや頭皮に対して悪影...

若ハゲのプール、海でのハゲを隠す方法!

若ハゲは、水に頭をつける事は絶対避けなければいけません。一瞬で、若ハゲがバレてしまいます。

 ”プール行こう!” ”海水浴行こう!” は、悪魔のささやきのように感じます。

しかし、毎回断りを入れていると不審がられたり、付合いが悪い等思われるのも辛い!

意を決してプール、海水浴に行った時の若ハゲを隠す方法について考えます。

プールで、若ハゲを隠す方法

プールでの頭を水中に浸けなくて遊ぶ方法は、

  1.  浮袋を利用し、頭が水中に浸からなくても不自然さが無いスタイルで遊ぶ。
  2.  プールサイドで、休憩するスペースを確保し水中で過ごす時間を短くする。
  3.  泳ぐ以外に楽しめる設備が多いプールを選択する。(水遊びの時間を短縮する)
  4.  プール内で、ふざけた遊びになる事を避ける。(頭が水中落下する危険が増える)
  5.  帽子をかぶる。屋外プールでの違和感は少ない。
  6.  屋内プールでは、キャップを被る。
  7.  帽子を脱ぐタイミングが危ない。帰る時は人より早く上がり、シャワーをしドライヤーで乾燥する。

プールでの若ハゲを隠す対策は、いろいろありますがプールでありながら、水中にいる時間を如何に少なくする事が最善策ではないでしょうか?

海で、若ハゲを隠す方法

海は、プールと違い水対策に加えて、紫外線の強さにも注意が必要です。

  1.  プール以上に、砂浜で遊ぶ時間のセッティングを行う。(小道具の準備を忘れない事)
  2.  海水中へ頭を浸けて遊ぶ人は少ないので、比較的泳ぎやすい。
  3.  グループでの水遊びは危険です。一歩引いた行動を心掛けましょう。
  4.  プールと比べて帽子を被る事の違和感が無いので、積極的に活用する。
  5.  魚を取ったりする場所への誘いは、お断りをする。(水中へのもぐりの要求がある)
  6.  帰りは、プールと同様で早めの引き上げを心掛け、髪をメンテナンスする。

海は、泳いで遊ぶ時間よりも砂浜で楽しむ事が、多いのではないでしょうか?

自分から、積極的にセッティングし若ハゲの隠し対策としましょう。

若ハゲの楽しくないプール、海を解決する。

今回は、うまく乗り切ったとしても今後も誘いはあります。楽しくない事への参加は、辛いです。

少しでも状況を好転させる為にも、若ハゲ対策を積極的に進める事も考えてください。

生活習慣の見直しを行い、頭皮環境を整え育毛剤を使用してみてはどうでしょう。

生活習慣の見直しは

  ❶ 食生活改善 

      髪の栄養の基本となるタンパク質、ミネナル、ビタミン等を確実に摂る。

  ❷ 睡眠不足

      深夜に質の高い睡眠を取る事。夜更かしは、若ハゲが進みます。

  ❸ 喫煙、飲酒

      禁煙は、即日実行してください。万病の原因です。深酒を辞めよう!

日々の生活で、無茶な事をしていないですか?今一度、自分の生活を振返ってみてください。若ハゲ対策の為にも、改善できる所は見直しましょう。

  https://hagejiman.com/natto/

若ハゲの育毛剤は

育毛剤の使用は、期待どおりの効果を得る為にも規則正しい生活習慣が重要です。

育毛剤と言っても、開始して1ヵ月後に目に見える効果は出ません。6ヵ月単位で判断する等長期戦が必要です。

しっかり、若ハゲ対策の計画を立て次の夏には髪を気にしないプール、海を楽しみたいものですね。

おススメ育毛剤です。内容を確認して見てください。

あわせて読みたい
若ハゲは遺伝する。防ぐ方法はあるのか? 無理です!若ハゲは、遺伝しますか?……遺伝します。遺伝による若ハゲを防ぐ方法について調べてみます。”無理です!”なんて事が無いように望みたい! ...

最後に

夏のレジャーは、山や川、海と”水”はつきものです。若ハゲには、天敵となるリクエーションです。楽しみたいのに、髪が気になります。

今まで、誰にも気づかれていなかったのに、若ハゲがバレる事は苦痛の何者でもありません。開き直りの方法もありますが…。出来れば今のままが一番落ち着くと思います。

自分出来る事をして、乗り切って行きましょう。