若ハゲ対策
フィナステリド

若ハゲ プロペシア服用中は、献血したくても出来ない!

厚生労働省から認可を受けたAGA治療薬に ”プロペシア” があるのは、ご存知でしょうか。若ハゲに効果はありますが、取扱いには充分注意が必要です。

プロペシア服用中は、献血がしたくても出来ない事になっています。理由をしっかり理解し治療を行って行く必要があります。

血液の不足が叫ばれる中、献血できないのは心苦しいですが仕方ありません。なぜ、プロペシアによる献血が否定されるのか解説していきますので参考にしてください。

若ハゲ プロペシア服用時の結論

プロペシア服用中の二つの注意事項。

結論

  1.  献血は出来ない。
  2.  妊活中は、服用を中止する。

男性型脱毛症(AGA)とプロペシア

若ハゲ脱毛症(AGA)は、男性ホルモン(テストステロン)と還元酵素(5αリダクターゼ)が結びつきジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。

DHTは、脱毛ホルモンともいわれアンドロゲン受容体と結びつき、毛の成長を抑制します。

薄毛、抜け毛を予防するためには、DHDの発生を防ぐため5αリダクターゼを抑制する必要があります。

その為、若ハゲ治療薬としてDHTを抑えるプロペシア(フィナステリド)が使われます。

プロペシア…商品名。 フィナステリド…成分名。

フィナステリドは、日本皮膚科学会ガイドラインにおいて

”男性型脱毛症には、内服を行うよう強く勧める。女性型脱毛症には、行うべきではない。”

との報告があり若ハゲにとっては、貴重な治療薬になっています。

DHTの大切な役割

若ハゲで非難されるDHTにも大きな役割があります。

DHTは、男性ホルモンの一種で母親の胎内で男性器の発達、成長に役立っています。

男児の発育には大切なホルモンです。

しかし、大人になってからは

  1.  AGAの原因
  2.  前立腺肥大
  3.  精力減退
  4.  勃起不全
  5.  射精障害
  6.  肌のニキビ

厄介者の男性ホルモンに変化します。

女性のプロペシアは厳禁

若ハゲ治療薬のプロペシアは、男性器の発達、成長に影響があるため女性、子供に服用はもとより触る事も禁止する必要があります。又、プロペシアは、皮膚から吸収する危険性もあるため薬の保管は厳重に行う必要があります。

プロペシア服用中の献血

プロペシア服用中に献血する可能性は少ないですが、間違って献血し使用されると胎児に対して大きなリスクを負う事になります。

赤ちゃんへの授乳に対しても、フィナステリドが体内に入り男性器の成長に悪影響を与える可能性があります。

プロペシア服用中に間違って献血したら?

献血時、採血された血液は、検査等で異常な血液を排除できる体制は取られています。

しかし、異常な血液が万が一検査を通る事があると大きな問題が発生します。

知らずに献血した場合は、迅速に対応する必要があります。

献血時に配布される書類に連絡先が書いてあるので採血番号と合わせて連絡しましょう。

プロペシアを辞めても暫く献血できない

プロペシアを服用中止しても、フィナステリドはスグに体から出て行きません。

服用停止から、体内から完全に排出し献血可能まで1ヵ月が必要です。

プロペシアの妊活に問題ないのか

プロペシアを服用しながらの妊活は、男性の性機能障害(勃起不全等)の副作用があり、大きな精神的、肉体的に問題を受ける事があります。

プロペシア服用停止して肉体的な問題は解決しても、精神的な問題が残る可能性があり妊活が難航する報告もあります。

副作用の確率は、1%前後言いますが、本人が受けた場合取返しのつかない事になります。

妊活中は、プロペシアの服用は停止すべきでしょう。

サガーロ(デュタステリド)も献血できない

プロペシアと同様に、5αリダクターゼ抑制する若ハゲ治療薬に、サガーロ(デュタステリド)があります。プロペシアと同様に服用中は献血出来ません。

サガーロ…商品名。   デュタステリド…成分名。

プロペシア(フィナステリド)が、2型5αリダクターゼを抑制するのに対して、サガーロ(デュタステリド)は、1、2型5αリダクターゼを抑制するものです。

デュタステリドは、フィナステリドに比べて薬が強く服用を中止してから、献血出来るまで6ヵ月が必要です。

★ 1、2型5αリダクターゼ … 側頭部と後頭部の皮脂腺に存在

★ 2型5αリダクターゼ   … 前頭部から頭頂部の毛乳頭に存在

ジェネリック、コピー品に注意

プロペシア、サガーロに限らずジェネリック、コピー品も献血出来ない対象品になります。

使用する時は、含まれている成分に注意が必要です。

(薬の一例)

フィナスレリド … フィンペシア、フィンカー、プロスカー

デュタステリド … アポダート、デュタス

若ハゲ治療薬は、多くのものが作られており注意する必要があります。特に海外の医薬品を輸入代行業者から購入する事は控えた方がいいでしょう。成分の見極め等が出来ない人には、非常に危険です。

AGA治療薬は、専門のクリニックを受診し成分等の説明を充分受け、処方してもらうようにしましょう。

最後に

街中で献血車を見つけて、献血できないのは寂しいやら、悔しいやら複雑な気持ちになる事もある思います。

社会貢献を希望するなら、献血だけでなくボランティア等はたくさんあり、活動していきましょう。

ただ、理論上はプロペシア停止から1ヵ月もすれば、献血は可能です。あまり、意識しなくても”出来る時期がくればするんだ!”との考えでいいでしょう。

人生の中で、若ハゲ対策も子作りも大きな課題であり、いずれも問題なく進めば理想的です。結論でも書いていますが、子供作りの時はプロペシア使用を一時中断し集中して妊活に励んでください。リスクを取り一生後悔する事がないように!