若ハゲ対策
シャンプー

若ハゲ シャンプー

シャンプーは毛穴を洗う

シャンプーとは、まさしく髪を洗う事である。髪を洗う事で気分的にスッキリする面もあるが、毛髪や頭皮をきれいにすることが出来る。あまり意識していないが、シャンプーと同時に頭皮のマッサージが髪の健康を維持する事に役立つ。頭皮や毛根は、いろいろなものにより汚される。大気中のゴミ、ヘアスプレー、ヘアクリーム、汗等の付着により影響を受け頭髪の成長を妨げ、抜け毛を引き起こす。これらを防ぐためにシャンプーは大きな目的を持っており適正なもの、適正な方法で行う必要がある。


シャンプーでの髪の洗い方

  1. 充分ブラッシングを行う。

    髪の表面をきれいにして、洗髪の効果をあげる。頭は、皮脂や角質で毛穴が汚れている。皮脂は、頭の皮脂腺より異常に分泌された場合、角質と共に頭皮に堆積酸化し嫌な臭いを発する。又、ブラッシング用のブラシは静電気を発生しないものを使用してください。獣毛(豚毛、猪毛)ブラシが、プラスチックよりサラサラ、ツヤツヤ感に優れている。獣毛ブラシは、動物の毛が油を含んでおりブラッシングにより髪に脂がひかれ静電気防止による髪の痛みを防げる。

  2. ブラッシングの後の水洗い

    ブラッシングで発生した汚れを事前に洗い流します。ブラッシングの後、すぐの洗髪は汚れを拡散させるので水で洗い流す。

  3. シャンプーをする

    シャンプー剤として適当とされているのは、アルコール系洗剤で天然のやし脂などを原料にしたものが良い。毛穴から汚れを押し出すイメージで頭皮をマッサージしてください。頭皮が傷つくので、爪などは立てないように指先の腹を使って洗ってください。2回洗ってください。

  4. すすぎをします

    充分すすぎを行います。すすぎが不足すると頭皮にシャンプー、皮脂が残り育毛の妨げになるばかりでなく抜け毛の原因にもなります。

  5. リンスをします

    リンスは、地肌につくとシャンプーと同様で頭皮の汚れの元になります。地肌につかないように丁寧につけ地肌の方からシャワーを当て脂が残らないようにすすぎを良くしてください。

  6. 髪を乾かします

    丁寧に乾かしていきます。自然乾燥は、頭皮の雑菌繁殖、悪臭、髪のパサパサ等の問題となるので注意してください。まず、タオルで髪を挟むようにして水分を取り、ドライヤーを髪より20cm程度離して乾かしてください。

まとめ

シャンプーは、毎日の作業なので正しい手順で行う事が大切です。頭皮の状態を清潔に保ち育毛促進、抜け毛予防を行ってください。