若ハゲ対策
若ハゲ対策開始

若ハゲが、悩みを打開する睡眠について考える。

髪は、夜成長する事が解っており、毎日の睡眠は非常に重要である。快適な睡眠生活を送る事で育毛対策の土台作りが出来る。

睡眠の重要性を理解して自分の生活リズムを見直してみよう!

若ハゲの質の高い睡眠について

睡眠の基礎を調べる
睡眠は、眠りが深いノンレム睡眠と眠りが浅いレム睡眠に分かれる。二つの睡眠は、就寝から起きるまで交互に繰り返される。ノンレム睡眠は、眠ってすぐに一番深く長い時を迎え、このタイミングが一番大事なようだ。また睡眠時間の経過と共に、ノンレム睡眠は浅く短く、レム睡眠は長く深くなっていく。
最初のノンレム睡眠を大切にする
ノンレム睡眠をいかに確保できるか。この時間に誰かに邪魔をされたり、うまく眠りに入れなかった場合翌日の体調が思わしくなくなる。睡眠は、自律神経の交感神経と副交感神経に密接に関係しており、寝ている時に副交感神経が支配的になれば深く眠れます。
自律神経の乱れる原因
自律神経の乱れにより、正常な睡眠が取れなくなります。昼間に活躍する交感神経と夜間に活躍する副交感神経のバトンタッチ出来ないとバランスが崩れ快適な睡眠が得られません。このバランスが崩す原因に、ストレスがあり悩みや疲れが多いとなかなか熟睡出来ません。

若ハゲにとって重要な睡眠

若ハゲが睡眠不足で加速
髪は、夜睡眠中に大きく成長します。睡眠不足になると、一生懸命育毛対策をしていても効果は少なくなってしまいます。若い人は、夜型が多いと聞きますが携帯、ゲームはほどほどにしましょう。
睡眠不足で男性ホルモン上昇
睡眠不足で男性ホルモンが上昇します。男性ホルモンは、皮脂の分泌を活発にし頭皮の汚れを起こします。多くなった皮脂は、毛穴を詰まらせ新しく髪が生えてくることを拒みます。また、髪の毛の環境悪化を招き抜け毛、薄毛の要因となります。
睡眠不足でハゲサイクル加速
男性ホルモンが上昇する事で、育毛抑制分子が製造されます。過剰に発生した男性ホルモンは、還元酵素の5αリダクターゼと結びつきジヒドロテストステロン(DHT)を生成します。このDHTが髪の成長を抑制する悪者分子です。

若ハゲの質の高い睡眠の摂り方

眠れる周囲環境作り
単調な講義、難しい本等は、眠たくなります。この状況を睡眠に入る前に作る事です。脳をリラックスさせ副交感神経へとチェンジを行います。逆に、パソコン、携帯等を睡眠間近まで触っているとスムーズに眠りにつきにくくなります。
強い運動はダメ
睡眠前の激しい運動は、交感神経が支配的になり体が休む体制に入りにくくなります。運動から睡眠まで、時間調整を行う事やストレッチなど軽めの運動におさめておきましょう。
昼間の長時間睡眠はやめよう!
余裕時間があっても、昼間に長時間の睡眠をとると頭のスイッチが狂います。いつもの時間に寝る事が大切です。

まとめ

眠たいと何もやる気が起きません。若ハゲに限らず、睡眠は重要です。規則正しい生活を送りましょう。