若ハゲ対策
サガーロ

若ハゲ”サガーロ”は効果あるか!副作用は大丈夫だろうか?

サガーロは、イギリスの「グラクソ・スミスクライン」(GSK)社によって開発され、日本では2016年に発売開始しました。AGA治療薬としては、プロペシアに続いて2番目の認可です。サガーロの有効成分は、デュタステリドという物質でもともと前立腺肥大症の治療薬として使われていました。

 サガーロとはナニ? 

AGAの発生は、還元酵素5αリダクターゼが強く関与しています。男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつき、脱毛ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)を生成し髪の成長を止めます。

脱毛を防ぐためには、5αリダクターゼの活性を下げる事が必要ですが、その役目を担うのがプロペシアであり、サガーロです。

 

 サガーロの効果       

還元酵素の5αリダクターゼの活性を抑える事が出来れば、脱毛の心配はありません。

5αリダクターゼは、Ⅰ型、Ⅱ型がありⅠ型は主に側頭部と後頭部の皮脂腺に存在し、Ⅱ型は、前頭部から頭頂部の毛乳頭に存在しています。

プロペシアは、Ⅱ型のみに働きます。サガーロは、Ⅰ、Ⅱ型共に作用する為効果が大きくなる事が報告されています。

AGAで悩んでいる人は、専門外来を受診しサガーロを検討してはいかがでしょう。医薬品なので必ず、医師の診断を受けてから使用してください。

 サガーロの副作用      

初期脱毛

髪のサイクルが正常化され、1か月後位に大量の抜け毛がある。サガーロによりヘアサイクルが正常化しリセットされるためと言われています。逆に考えると、サガーロの効果が出ている事を示しています。

男性機能障害

男性の機能低下が報告されています。

  1.  勃起不全
  2.  性欲減退
  3.  精液量減少
  4.  精神障害
  5.  女性化乳房

副作用が確認された場合は、服用をやめ医師の診察を受けてください。個人の判断は危険です。

服用してはいけない人

女性には、服用はもとより触れる事の無いように管理する必要があります。
妊娠中において、サガーロの影響を受けると胎児の性器が奇形になったり、5αリダクターゼが作れない子供が生まれる可能性があります。

未熟な子供は、発育途中であり体の機能を変える薬の使用は避けなければなりません。

肝臓機能障害を持っている人は、薬の代謝に大きな負担をかける事になります。

 まとめ        

サガーロについて、効果、副作用について書きましたがいかがでしょうか?プロペシアに比べて効果はありそうですが、薬の特徴を良く理解して使用する必要があります。安価なネット通販もありますが、お勧めしません。副作用が出ても、全て自己責任になります。