若ハゲ対策
若ハゲ対策開始

若ハゲを早期治療が大切です。シャンプーを見直してみよう。

シャンプーの必要性

元気な髪を作っていくには、頭皮が元気でなくてはなりません。皮脂やほこりが着いた状態では健康な育毛サイクルを継続できません。若ハゲ時代は、ワックス等にてスタイリングする機会が多く皮脂まみれになっています。

適度な湿気は必要ですが、多くの油で毛穴が塞がれてまうと毛根が酸素不足になって髪元気がなくなります。お湯だけでの汚れを落とすことは可能ですが、頭皮が健康な状態まで汚れを落とすことは出来ません。余分な皮脂を落とすためにはシャンプーが必要です。

シャンプーの方法

シャンプーで、余分な皮脂を取り除くためには正しいシャンプーを行わなければなりません。皮脂は、雑菌や紫外線などから頭皮をカバーしています。必要以上に取りすぎてしまうと頭皮を痛め逆効果になります。

⓵軽くブラッシング 
髪全体を軽くブラッシングし、汚れを落とすとともにく櫛のとおりを良くします。また、シャンプーの泡立ちを良くします。ブラシは、獣毛ブラシを使用し静電気により髪が痛まないようにする。マッサージする感覚でブラッシングしてください。
*獣毛ブラシ‥‥素材は、豚、猪などの毛を使います。硬めで頭皮マッサージに適しています。髪にもやさしく艶を出してくれます。ただ、濡れた髪には使用できません。水分で摩擦が強くなり髪を痛めます。2000円位であります。
⓶シャンプー前のお湯洗い
シャンプーを使用する前にお湯で毛根、頭皮を指の腹で充分洗ってください。3~4分程度行ってください。ほとんどの汚れは落ちるので、シャンプーの使用量が少なくて済みます。
⓷シャンプー洗い
手にシャンプーを取り充分泡立たせた後に髪を洗います。そのまま頭に掛けると、毛穴に詰まりすすぎで取れなくなります。痒くても爪で掻くのは厳禁、頭皮が傷み炎症の原因になります。優しく揉むように洗います。
⓸すすぎ
充分、すすぎを行う事。3分以上行い頭皮、毛穴にシャンプーが残らないよう注意する事。
⓹乾燥する
ドライヤーで乾燥してください。濡れていると雑菌の繁殖の原因になります。乾かしすぎは、頭皮の乾燥をまねくので調整しよう。

オススメシャンプーの特徴

  1. 頭皮に優しい弱酸性
  2. 頭皮への負担を減らすノンシリコン
    *ノンシリコン‥‥シリコンが入っていないという意味。シリコンは、毛穴に詰まり薄毛や抜け毛の原因になる。
  3. ハリ、コシを与えボリュウムアップするもの
  4. 無添加オーガニックスカルシャンプー
    *オーガニック‥‥化学肥料を使わず有機肥料で育てた植物、スカル‥‥頭皮
  5. オーガニックエキス配合

まとめ

若ハゲ対策は、生活習慣改善に取組む事が手っ取り早く、育毛剤使用は副作用の心配等もあり手を出しにくい。生活習慣改善の中で、シャンプーを規則正しく行う事は重要な因子である。


ABOUT ME
kenji
定年を向かえ寂しい人生にならないように、日々前を向いて頑張っています。何事にもチャレンジしていこうと考え、ブログを立ち上げました。