若ハゲ対策
タバコ

若ハゲ対策 タバコは最悪だ!生活習慣を見直しても効果なし!

若ハゲ対策において、タバコは悪影響を与えます。せっかくの努力が、体に有害成分を入れる事でいろんな問題引き起こします。私も禁煙の苦しみは知っていますが、少しでも早い時期の禁煙決断をしましょう。タバコの害が、若ハゲ対策にどのように悪影響を与えてるの考えてみます。

タバコの悪影響

 ニコチン

  1.  男性ホルモンを増加させ、脱毛ホルモンを作り髪の成長を抑制する。
  2.  自律神経の交感神経を活発にし血管を収縮させる。血管の収縮は、髪への栄養不足を招きます。

 一酸化炭素(CO)

血液中のヘモグロビンと結びつき、血液への酸素取込を阻害します。全身の酸欠状態が、毛乳頭への栄養不足を招き抜け毛、細毛の原因になります。

 暴飲暴食

髪は、ケラチンというタンパク質で作られており、再合成の時アミノ酸を使用します。暴飲暴食は、アルコールの分解でアミノ酸を多く使うため髪への栄養不足になります。タバコを吸う本数も、飲酒量に合わせ増える傾向があり髪にダメージを与えるだけです。

 ビタミンの破壊

喫煙で、ビタミンは破壊、吸収阻害され強い抗酸化作用が発揮出来なくなります。体内の活性酸素が細胞を傷つけたり、不飽和脂肪酸と結合し、過酸化脂質を作り毛穴を詰まらせる原因になります。

 肝臓の機能低下


タバコは、肝臓にも悪影響を与えます。
肝臓は、有害物質の解毒や摂取したものを栄養に変換する機能を持っています。しかし、多くの有害物質が体に入ってくると肝臓に大きな負担を掛けます。やがて、余裕がなくなり肝臓の機能低下に繋がります。最終的には、髪への栄養も不足します。

改善策

DSC_0020

禁煙です!

 禁煙効果

  1.  脱毛ホルモンの減少
  2.  ビタミン不足が無くなる
  3.  肝機能低下の防止
  4.  経済的効果(若ハゲ対策に使用)

 禁煙デメリット

禁煙は、強い精神力を求められます。ストレスが大きくなると、若ハゲ対策に影響が出てくる恐れがあります。禁煙外来等を利用し、ストレスを掛けず禁煙に成功しましょう。

 禁煙と育毛剤使用で頭皮へのダメージ緩和

喫煙で痛んだ頭皮を育毛剤でのメンテナンスをお勧めします。
育毛剤は、育毛、発毛促進、脱毛予防等を目的として作られています。頭皮環境を整える手段として使用してください。

今人気の育毛剤”チャップアップ”を紹介します。

医薬部外品の育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」

最後に

若ハゲには、いろいろな原因があります。禁煙をしても、若ハゲが解決するわけではありません。しかし、体に取っていい事ばかりです。禁煙は、苦しいですが少しずつ減らしていってください。頭皮環境が良くなり、若ハゲ対策が進みます。

あわせて読みたい
若ハゲ対策の口臭は、若ハゲよりきつい!しっかり対策が必要!若ハゲ対策を毎日継続してやっていても、口臭に対して充分なケアが行われていないと大きな問題です。口臭は、自分では解りません。顔を近づけ話を...