若ハゲ対策
たばこ

若ハゲにタバコの影響はあるか?

若ハゲは、タバコの影響はあるのか?ないのか?
若ハゲに対してのみならず、タバコが体に悪い事は皆さんが判ってっている事である。しかし、依存性が強いため判ってはいてもやめれない現実がある。では、具体的にどのように若ハゲに対し影響を与えているのか調べてみた。

@@@ きれいな歯は、しっかり歯磨きを! @@@
世界初の歯の歯磨きホワイトニング美歯口30DAYSキット【bihaku.tokyo】

Ⅰ、タバコの有害成分

 ⓵ ニコチン
タバコを吸うと、頭が”クラクラ”し心臓が締め付けられる。これは、ニコチンが血液に混ざり心臓に運ばれる事で、心臓が収縮、脳に血液が運ばれなくなるためである。血管の収縮は、血流を阻害し血圧、心拍上昇に繋がっていく。また、血管の負担が大きくなり病気への引き金になる。
 ⓶ 発がん性物質(タール)
タールは、タバコ1日20本吸うと1年で110~150gのタールを取る事になる。(コップ1杯分)タールは、喉や肺に付着しガンを誘発する。危険な有害物質である。
 ⓷ 一酸化炭素(CO)
タバコを吸うと、血液中に一酸化炭素が混入し酸素が運搬されなくなり、息切れ状態になる。また、血中の一酸化炭素上昇は、内臓の機能低下を引き起こす。

Ⅱ、若ハゲへの影響

 ⓵ 男性ホルモン
男性ホルモンは、還元酵素の5αリダクターゼと結びつき髪の成長に悪影響を与える。男性ホルモンが増える事は避けなけなければならない。タバコによりどのように変化するか確認した所、非喫煙者に比べて上昇する研究結果になっている。若ハゲに取って、タバコを吸う事は確実に悪い方向へ向かう結果となる。
 ⓶ ビタミンC
ビタミンCは、体の毛や血管を作るのに必要不可欠なものである。しかし、タバコを吸うとビタミンCの吸収率が非喫煙者に比べて約半分になる。常日頃から、意識して体に取込むようにしなければならない。また、アルコールの取りすぎは、アルコールが他の成分に変わる時に多くのビタミンCが使われるので深酒などは極力避けるべきである。
 ⓷ 内臓機能
タバコは、肝臓、胃腸等臓器の機能低下に繋がります。有害物質は、粘膜からの吸収、血液を通じて各臓器に運ばれ処理されるときに臓器に大きな負担をかけます。

Ⅲ、禁煙効果

タバコをやめる事で、8時間後に血液中の一酸化炭素が正常に戻ります。48~72時間で体から抜けます。5年でガンの確立が半分になります。若ハゲに取っても、禁煙は良い事ばかりです。

しかし、勘違いしないようにしてください。禁煙をしても若ハゲは治りません。悪い要因を排除する事が出来、若ハゲ対策に向けての良好な土台つくりに大きく前進する事にはなります。