若ハゲ対策
若ハゲ対策開始

若ハゲが紫外線と闘う!

太陽光線は、紫外線、赤外線、可視光線に分かれますが、若ハゲに影響あるものは紫外線です。紫外線は、髪のキューティクルや頭皮に対して悪影響を与え抜け毛、皮膚炎等を引き起こします。

日頃から、紫外線対策をしっかり行って影響を最小限にしたい。しかし、世間で悪者扱いされている紫外線だが悪い所ばかりではない。紫外線を良く理解し若ハゲ対策に役立てる必要があります。

紫外線が、若ハゲに与える悪影響

🌸頭皮が酸化
頭皮が紫外線を浴びると、頭皮表面の温度が上昇し皮脂が蒸発する。そのため毛穴から多くの皮脂が分泌され、過酸化皮質が生成される事で頭皮が刺激を受け皮膚炎、フケの原因になる。
🌸髪がパサパサ
髪が、紫外線を受けると髪の温度が上昇する。髪表面のキューティクルは、水、油を放出する事になり髪が乾燥する。髪がパサパサになり枝毛、切れ毛、抜け毛等の原因になる。

紫外線が、若ハゲに与える良い影響

🌸知覚神経の活性化
紫外線は、波長の長いUVAと波長の短いUVBがあります。地上届くのは、UVAであり肌のシワやたるみの原因となります。しかし、一方でUVAは皮膚の知覚神経を活性化する働きがあり育毛物質のIGF-1を増やす効果がある事が解っています。
🌸ビタミンD生成
太陽を浴びる事で、ビタミンDが生成され免疫力やストレス耐性を向上させます。また、自立神経を整える作用もありストレスの軽減に作用します。紫外線を浴びすぎるのは、デメリットが多いですが適度な太陽の光は必要です。

若ハゲの紫外線対策

🌸日傘をさす
適度な太陽光は必要ですが、直射日光を長時間浴びないよう対策を取ってください。日傘をさす(白よりも黒が遮断効果は大きい)。帽子をかぶる。
UVネックガード【フィールドベンチャー】
🌸適正な食事でビタミンDを増やす
紫外線によって頭皮は乾燥し細菌が繁殖する原因になります。太陽光を受けない対策に加えて、栄養補給による頭皮状態の改善を図ります。ビタミンDを取る事で、活性酸素の発生を抑制する事が出来ます。抗酸化作用のある食べ物は、バナナ、トマト、ニンニク、大豆等があります。

まとめ

若ハゲに紫外線は禁物です。いろんな要因で髪、頭皮に影響してきます。しかし、太陽光の必要性もあり内容を理解しながら育毛対策を行う必要があります。適切な食べ物もスーパーで簡単に手に入ります。意識して効率よく取りましょう。

頭皮を清潔にする事も怠らないようにしましょう!

【チャップアップシャンプー】