若ハゲ対策
育毛計画

若ハゲ 無駄な育毛生活をやめろ!見直しで効果を上げてやる!

若ハゲは、悩みを伴いながら育毛生活に取組まなければなりません。しかし、無駄な育毛治療はタイムリーな効果が望めない為、苛立ちを感じます。育毛対策の方向が見えない状況で、治療を進めても若ハゲは進むばかりです。育毛計画を見直してみよう。

 無駄な育毛計画の見直し       

若ハゲは、気がついた時が育毛計画の始まりです。自分の頭を見て、”なんじゃ!こりゃ!”と気がついた時はショックを受けるでしょう。しかし、今しっかり考えて行動しなければ若ハゲは進むばかりです。誤った育毛対策を取らないように、知識を持ち効果を上げて行きましょう。

若ハゲ対策は、継続して行う必要があり年代において取る育毛計画は変わってくると考えます。10才代で、ミノキシジルは使えないですし30才代で”生活習慣をしっかりする”だけでは適正ではありません。

 10才代の育毛計画      

10代は、気づき年代です。若ハゲとは、

  • 何ぞや!
  • 治るんか?
  • 何をしたらいいんや?

考える毎日が、続くでしょう。周囲からも気づきの”嫌な”メッセージが届き始めるタイミングです。”チョット、薄くなってきてるんじゃない?””テッペン危なくなってきているで!”
ショックの言葉が遠慮なしです。

若いと精神的に辛い事が多く、”若ハゲの勉強をしよう!対策を考えよう!”など考える余裕が無いと思います。ハゲの苦しみが、大きなウエイトを占める年代です。

若ハゲは、取組開始が早ければ早いほど効果があります。冷静になって育毛計画を立てましょう。無駄な時間の消費は避けたいものです。

10代の育毛計画

  1.  若ハゲについて、しっかり勉強する。
  2.  今後の育毛計画を立てる。
  3.  20代までの育毛方法を決定する。
  4.  継続すること。

育毛方法は、刺激的な育毛剤の使用等は避け生活習慣の改善に徹底しましょう。身体が出来ていない時期に、お金をかけた取り組みは長続きしにくいです。

10台に頭皮環境を整備します。

生活習慣の改善

ストレス

ストレスを受けると、血管の収縮に繋がります。頭皮の毛細血管に栄養分が運ばれなくなり薄毛、抜け毛の原因になります。ストレスを溜めないように、休暇日は運動等で発散しましょう。

睡眠

髪が最も成長するのは睡眠中です。成長ホルモンが活発になる22時~2時の時間は特に大切です。睡眠時間よりも、睡眠の質をあげるようにしましょう。

食べもの

ファストフードや甘いものは避けてください。脂質、糖質の多い食べ物は、血液の高脂肪化や頭皮の汚れを招き抜け毛の原因になります。

運動不足

運動不足は、血流の低下を招くだけでなく、肥満の原因にもなり注意が必要です。また、頭皮への影響は、栄養不足の可能性があります。

飲酒、喫煙

若い人には密接に関係していないのですが、深酒は、アルコールの分解用にアミノ酸が多量に使われます。アミノ酸が、不足すると髪は細く、弱くなります。喫煙は、血管を収縮し髪への栄養不足が起こります。

あわせて読みたい
若ハゲは治るのか?それとも? 思った時が対策開始です。https://hagejiman.com/syannpu/ 若ハゲは、治るのか。治らないのか。 口コミ等の情報を見ていると...

 20才代の育毛計画      

20才代は、若ハゲの進行がなく改善方向であれば現状の育毛対策を継続していくと良いでしょう。しかし、改善が見られない時は次のステップに進みます。

20代は、行動です。

経済的余裕が出てきます。若ハゲの原因を調べるために、実績のあるクリニックを選び医師の診断を受けましょう。ハゲは、ほとんどが男性型脱毛症(AGA)と言われます。医師の指示のもとに育毛活動を進めてください。

育毛への取組に合わせて、生活習慣も手を抜かないようにしてください。頭皮に塗るミノキシジルを処方されても、汚れていると効果は減少します。

頭皮にやさしいシャンプーで清潔にして下さい。アミノ酸系シャンプーがおススメです。
限定価格、送料無料商品もあります。今すぐチェックして見てください。

濃密スカルプシャンプー【チャップアップシャンプー】


AGA治療には、フィナステリド(薬名…プロペシア)、デュタステリド(薬名…サガーロ)、ミノキシジル等を使用し若ハゲを改善していきます。効果が表れるのは、数か月必要であり副作用などを加味して進めて行きます。各治療薬は、日本皮膚科学会ガイドライン(2017年版)で、”推奨度A:行うよう強く勧める”に該当します。

薬の副作用が怖い方は、育毛剤、サプリ等からの取組みを考える事も良いでしょう。自分が納得いく形で進めて行きましょう。

育毛剤は、各メーカーから発売されておりますが無添加無香料の育毛剤がおススメです。
全額返金保証!保証書付きです。確認願います。

医薬部外品の育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」

 30才代からの育毛計画      

30才代は、方向を決める時です。

AGAの育毛計画は、20才代の結果が出ているのであれば問題ないので継続していきましょう。薄毛、抜け毛が止まらない場合は、医師との相談をしながらもクリニックの変更等も考える必要があります。

将来の事を考えると、増毛、植毛の知識をつけていく必要があります。また、今の自分を受入れスッキリとスキンヘッドにする方法もありますが、なかなか決断が難しいです。

増毛

増毛は、短時間で世界が変わります。自信が出ると共に若ハゲについて、毎日悩む必要が無くなります。カツラとは違うので、行動範囲に制約を受けず普段の生活が出来ます。すばらしい事ばかりですが、メンテナンス面等のデメリットもあります。

増毛の種類

  1.  結毛式…自毛に、人工毛を結び付けていく方法。
  2.  編み込み式…糸で頭に土台を作り、そこへ人工毛を装着する方法。
  3.  接着式…人工毛をセットしたシートを貼り付ける方法。

植毛

植毛は、薄毛の気になるところに毛を移植する手術です。

植毛の種類

  1.  自毛植毛…手術を受ける本人の毛を薄毛の場所へ移植する方法
  2.  人工毛植毛…ナイロンやポリエステルで作られた人工髪を移植する方法

人工毛の移植は、体の拒絶反応を起こしやすい等の問題点があり、施術されることは少ない。

植毛のメリット(自毛植毛)

  1.  自分の毛なので拒絶反応が少ない。
  2.  移植した髪も他の髪と同じように伸びる。
  3.  日本皮膚科学会ガイドライン(2017度版)で、推奨度”B:行うよう勧める。”になっている。
  4.  AGAの影響の少ない部位を移植する。(後頭部、側頭部)

植毛のデメリット(自毛植毛)

  1.  移植した部位はAGAの影響が少ないが、他の部位は進行が治まるわけではない。移植していない部分が、薄毛になると再手術が必要になる。
  2.  費用が高額。 (価格例) 1000本 40~80万円

カツラ

カツラは、高性能のものが作られておりまったく解らないくらい精巧です。経済面で負担の心配がなく、装着が気にならない方はおススメです。ただ、1回つけると外す時に大きな勇気が必要になります。

 最後に       

若ハゲの育毛計画を年代別に示しましたが、これは、治療の順番であって薄毛と相談しハゲ治療は進めて行かなければなりません。増毛、植毛は、たくさんのお金が必要です。早期の取組を行い若ハゲの進行を食い止めてください。今から、治療開始です。時間を無駄にしないようにしましょう。