若ハゲ対策
湯シャン

湯シャンは、若ハゲに効果は無いでしょう。いや!待ってください!

湯シャンとは、何ですか?

シャンプーを使わずに、お湯だけで髪を洗う事です!

今まで、シャンプーでしっかり洗ってきたのに気持ち悪く無いですか?

若ハゲに、効果はありますか? なぜ、湯シャンなのか調べてます。

湯シャンは、若ハゲに効果あり?

湯シャンに、AGA効果はありません!

期待していい効果は、

AGA対策に対し間接的に有効

   洗浄力の強いシャンプーは、皮脂を落としすぎるケースがあります。

   皮脂の減少は、皮脂の異常分泌に繋がり頭皮環境を悪化させます。

   湯シャンは、適度に皮脂を残す事で髪を適正な状態に保ちます。

   AGA対策を行う上で、良好な頭皮環境は効果を上げる要因です。育毛剤一つを取っ

   てみてもきれいな頭皮は、浸透率が上がります。

頭皮の常在菌への悪影響を無くす

   頭皮には、常在菌が存在します。

   シャンプーの防腐剤や界面活性剤等で、常在菌がダメージを受けるとカビや雑菌の

   発生に繋がり頭皮環境の悪化に繋がります。

   湯シャンに変える事で、頭皮の常在菌への悪影響を無くし、良好な状態を維持出来る

   ようになります。

* シャンプー中には、いろいろな物質があり防腐剤、界面活性剤については以下の代表

  的なものがあります。

防腐剤

・パラベン

・フェノキシエタノール

・安息香酸Na

・ソルビン酸K

界面活性剤

・ラウリル硫酸Na

・ラウレス硫酸Na

・ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩

・ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸アンモニウム

・ジステアリン酸エチレングリコール

*常在菌とは

人体に日常的に存在する微生物です。腸内に最も多く存在し、口腔内、皮膚表面等に生息しています。乳酸菌、ビフィズス菌、大腸菌もその一種です。

アトピー性皮膚炎を軽減する

シャンプーの成分が、皮膚に刺激を与え炎症を引き起こす可能性があります。また、皮脂の取り過ぎは、フケ、痒みの原因にもなります。湯シャンは、刺激もなく適正な温度で洗う事で頭皮改善効果があります。

湯シャンの方法

シャンプーから湯シャンに変えると、最初は、物足りなさを感じると思います。又、人によって湯シャンが合わない人もいます。効果を上げるには、適正な方法で湯シャンする必要がありますが、基本的には、シャンプーの時と同じです。

  1.  髪を濡らす前に、よくブラッシングをする。
  2.  湯船に浸かり頭皮を柔らかくする。
  3.  33℃~35℃のぬるま湯で3~5分間洗う。(入念に!)
  4.  タオルを押し当てるように拭く。
  5.  ドライヤーの冷風で乾かす。

 

湯シャンは、全てに良いのか?

シャンプーと比較して湯シャンは、湯を使って洗うのですから大きな刺激を受ける事はあり

ません。

しかし、シャンプー全てに問題あるとは言えないでしょう。一般的には、市販されている

シャンプーを使用している人がほとんどですが、皆がハゲているわけではありません。

シャンプーについての詳しい情報は、次を参照してください。

あわせて読みたい
若ハゲ対策 育毛シャンプーは無駄なのか?効果を確認してみよう!育毛シャンプーは、高価でなかなか手が出しにくいが若ハゲ対策に重要なものである。”育毛シャンプーは、効果があるのか?””無駄なお金と時間を...

整髪料を使用する人はダメ

整髪料を使用する人は、湯シャンでは落ちにくいです。毎日、使用しないのであれば整髪料

を使用した日は、シャンプーでしっかり落とした方がいいでしょう。

皮脂の分泌量の多い人はダメ

油物、脂肪分の多い肉が大好きな人は、皮脂の分泌量が多くなります。このような人は、湯

シャンではなくて、シャンプーでしっかり皮脂を洗う必要があります。また、仕事柄汗を多

量に掻く人も同様に湯シャンは向いていないでしょう。

最後に

湯シャンがいいと言っても、人それぞれ合う、合わないがあるでしょう。今使っているシャンプーが合わない人に取っては、湯シャンは嬉しい情報でしょう。また、湯シャンでなくてもシャンプーの見直しで髪が良好な状態になる事もあります。しっかり見極めをし自分にあった方法で髪を大切にしてください。