若ハゲ対策
食べ物

若ハゲが亜鉛の効果について調べてみる

若ハゲは、いろんな要素で起こります。育毛対策は、若ハゲ治療、シャンプー、育毛剤、サプリ等々いずれも高価なものが多いです。
悩み多い若者に取って、経済力不足で取組む方法が限定されるのは仕方ありません。積極的な育毛対策に継続して取組むには、難しい所があります。しかし、基本的な事を行い髪が常に健康な状態を維持する事は出来ます。普段の生活を見直してみてください。今回は、毎日の食事における栄養面において重要な”亜鉛”について調べてみました。

亜鉛とは

亜鉛は、体の中で鉄分の次に多く人間にとって重要な栄養素である。70KGの人で約2.3Gを含み酵素の活性にかかわっている。人体では、骨に多く血液には少ない。

若ハゲに亜鉛がなぜいいの?

髪は、男性ホルモンと還元酵素が結合し髪抑制物質を作ります。この髪抑制物質を作らせ無いためには、男性ホルモンあるいは還元酵素をコントロールすればいい事になります。亜鉛は、この片方の還元酵素の働きを弱める働きがあり若ハゲ対策に必要です。

髪は、ケラチンという物質で作られています。人が取りいれたタンパク質は、ビタミンによってアミノ酸に変わり亜鉛によってケラチンを作ります。亜鉛は、人に取って無くてはならないもので亜鉛が不足すると、髪の成長が遅くなったり、髪が細く、艶が無くなったりします。

亜鉛を含む食べ物

亜鉛を多く含む食べ物は、牡蠣(カキ)、牛肉、レバー、卵、ゴマ、わかめ等です。亜鉛は、ビタミンCと同時に摂ると吸収率が高くなります。

人が必要な亜鉛量は、1日に約10mgになります。この量は普段の生活をしていれば、問題なく取れる量なのですが最近、レトルト食品等の増加で亜鉛摂取不足が心配されています。

亜鉛は、適度な量は必ず必要なのですが多ければ良いというものではありません。摂り過ぎると熱が出たり、吐き気、腎臓機能低下等が起こります。サプリなどの利用は注意が必要です。

まとめ

亜鉛について調べましたが、非常に重要な栄養素ですが摂取方法についてはあまり意識しなくて良い。普段の正しい食生活が大切です。簡単にレトルト食品ばかりに手を出さないよう注意しましょう。若ハゲに取組む若い人の環境が、携帯、ゲーム等に囲まれ乱れています。逃げ出す事も出来ず生活、食生活が不規則になりがりです。充分睡眠をとり、オイシイ朝食がとれる様にしてください。